フラッシュストレージとSSDは同じもの?

高速な読み・書きができるとして人気の記憶媒体「フラッシュストレージ」。今回は、フラッシュストレージとはどのようなものなのかを解説します。

近年、高速な読み・書きができる記憶媒体として注目を集めている「フラッシュストレージ」。ここでは、フラッシュストレージとはどのようなものなのか解説します。

フラッシュストレージとは

フラッシュストレージは基本的に商用として使われるもので、個人がPCを購入する際などに「フラッシュストレージ」の有無を確認するケースはほとんどありません。でも、どんなものかわからないと気になりますよね!

フラッシュストレージとは不揮発性の半導体メモリー「フラッシュメモリー」で構成された記憶媒体で、代表的なものとしては「SSD」が挙げられます。

これまで一般的に使用されてきた「HDD(ハードディスクドライブ)」と比較して小型で軽量、そして何より読み・書きが圧倒的に高速なのが特徴です。

しかし現在の技術では、フラッシュストレージにはHDDと比較して容量あたりの単価が高く、そのために容量が少なくなりがちだという問題点もあります。

フラッシュストレージの種類

「フラッシュストレージ=SSD」と思われがちですが、いくつか種類があります。

PCIeフラッシュ系

PCIeバス(高速データ通信に対応した接続規格)でサーバーに直接接続(内蔵)できるタイプ。ケーブル等を介さないため、HDDはもちろんのこと他のフラッシュストレージと比較してもより高速な読み・書きができる。ただし、サーバーのPCIeスロット数には制限があるため、外付けと比較すると容量は少なくなりやすい。

SSD系

主にHDDの代替として、フラッシュメモリを大容量化したタイプ。いわゆる「SSD」のことで、サーバーに直接接続(内蔵)できるだけでなく、外付けもできるため複数のサーバー間で共有できたり、大容量での運用もしやすい。ただし、HDDを模倣して設計されるため、フラッシュストレージ本来の性能が発揮しづらい。

SSD+De-dup系

SSD系に、De-dup(重複したデータから、1つを残して削除する技術)を搭載したタイプ。データの重複を整理できるため容量を節約でき、さらに無駄な書き込みの回数を減らせることでSSDの寿命が伸びやすい。ただし、De-dupを搭載したことで、記憶装置としての能力劣化が懸念される。

今後はフラッシュストレージが主流になる!

今回は、フラッシュストレージとはどのような記憶媒体なのか解説しました。

コンパクトで軽量、そして圧倒的に高速な読み・書きができるフラッシュストレージ。さらに、最近では容量あたりの単価も少しずつ下がってきているので、今後はデータ管理に欠かせない記憶装置となることでしょう。

あなたにオススメ

堀本一徳

世界24カ国を旅した自由人。現在はライター兼カメラマン兼ウェブデザイナーとして活動中。得意分野はIT(情報系学科出身)、旅行、教育(教員免許あり)