ファイル転送サービスは、どれが使いやすい?

ファイルを送るのに便利なファイル転送サービス。いろいろあってどれを使えばいいか迷ってしまう方のために、この記事ではfirestorage・tenpu・Dropbox Transferの3つのサービスを比較してご紹介します。

ファイルをたくさん送る際に便利なのがファイル転送サービスですよね。
しかし種類がたくさんあり、どれを選べばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、firestorage・tenpu・Dropbox Transferの無料で使える3つのサービスを比較してご紹介します。

ファイル転送サービスとは

そもそも、ファイル転送サービスとは、第三者のサーバーを通してファイルをやりとりできるサービスのことです。
メールなどではなかなか送りづらい大容量のファイルを送受信できるのが特徴です。
USBやHDDなど物理的なメディアを使わなくてもいいので、手軽でコストも抑えられます。

無料で使える!おすすめファイル転送サービス比較表

最大ファイルサイズ 最大送信可能ファイル数 保存期間
firestorage 2GB/1ファイル 無制限 最大7日間
tenpu 1GB 10個 3日間
Dropbox Transfer 100MB 無制限 7日間

下記でもう少し詳しく各サービスについてご紹介します。

3つのファイル転送サービスの特徴

保存期間の設定もできるfirestorage

firestorageは大容量ファイルを簡単に共有できるサービスです。会員登録をしなくても利用できるのでとても手軽です。
firestorageはファイルをアップロードし、そこで発行されたURLを相手に送るだけで、相手側がファイルをダウンロードできる仕組みです。
保存期間を設定すれば、保存期間を過ぎると自動で削除されます。

firestorage有料版でできること

firestorageには有料プラン(ライト会員は月額943円、正会員は1,895円。それぞれ税別)も用意されています。有料プランでは1ファイルあたりの最大アップロードサイズが増えるなどのほか、以下の機能などが追加されます。

・ダウンロード追跡
誰がファイルをダウンロードしたのかが分かる機能です。

・カスタマイズ
ダウンロード画面や背景画像等、自分の好きなデザインに変更できます。

シンプルな操作性のtenpu

tenpuはオンラインストレージを使った転送サービスです。
シンプルな画面と操作性が売りで、初めての方でも比較的使いやすいとされています。
無料版では1ファイルの最大ファイルサイズは1GB、最大送信可能ファイル数は10個まで。

tenpu有料版でできること

tenpuは月額980円(税別)の有料版があり、無料版とは最大ファイルサイズと送信可能合計ファイルサイズにかなりの差があります。
無料版は1ファイルの最大ファイルサイズが1GBまでですが、有料版は10GBまで送信可能。
また最大送信可能ファイル数が100個、送信可能合計ファイルサイズが20GBまでに設定されています。

Dropboxの「転送する」サービスDropbox Transfer

Dropboxはファイル共有するクラウドストレージのイメージがありますが、「Dropbox Transfer」というファイル転送サービスも提供しています。送信者はDropboxのアカウントが必要ですが、Dropboxのアカウントを持っていない相手にも送れます。
ファイルを最初にクラウドにアップロードする必要がなく、ストレージ容量やアクセス許可の心配もありません。完成した作品データや共同編集を望まないファイルの場合に適しています。

■ Dropbox Transferの有料版は?

Dropbox Transferには単体での有料版はありませんが、Dropboxの有料プランを契約している場合、機能が拡張されます。

Dropboxの無料のBasicプランを利用している場合はファイルを転送できるサイズは100MBまでですが、月額1,200円(税別)のDropbox Plusの契約者は2GBまで、月額2,000円(税別)のDropbox Professionalでは100GBまで転送できます。
更にビジネス向けプランであるDropbox BusinessのStandard、Advanced、Enterpriseなどのアカウントと組み合わせた場合は、最大250GBのファイルを転送できます。

また、Dropbox Professionalでは転送ファイルに有効期限やパスワード、ロゴ、背景を追加してカスタマイズしたり、ファイルを閲覧またはダウンロードしたユーザーを確認する機能なども追加されます。

使用環境に合ったサービスを選ぼう!

上記で紹介したファイル転送サービスは基本的に無料で利用できます。
個人でたまにしか使わないのであれば無料プランでも問題ないですが、ビジネスで利用したり、頻繁に利用したりする方は有料プランにした方が便利なことも多いです。
利用頻度や必要なセキュリティ強度などもチェックして利用しましょう。

あなたにオススメ
Recommends

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。