FF7は何がすごい? リメイク版への期待もMAX!

2020年4月10日にリメイクが発売される「ファイナルファンタジーVII」(FF7)。初代PlayStation版を体験した往年のファンと新しいファンに向け、FF7のすごさとリメイク版の内容などについて紹介します。

いよいよ2020年4月10日(金)に全世界同時発売される『FINAL FANTASY VII REMAKE』(以下、FF7リメイク)。RPGの名作『ファイナルファンタジーVII』(以下、FF7)が最新の技術で蘇るということで、往年のファン垂涎のタイトルになること間違いなしでしょう。
以前、当サイトでも「FF、DQ・・・懐かしいあのゲームをスマホでやろう」(という記事を紹介したように、FF7への期待を寄せる方は非常に多いハズ。
しかし、今までにFFをプレイしたことがない方にとっては、「FF7って何がスゴイの?」、「FF7、なぜ盛り上がってるの?」と思う部分もあるでしょう。そこで今回は、1997年にPlayStationで発売されたオリジナルFF7の魅力や、今回のリメイク版は何が違うのかなどについて紹介します。

FF7のここがスゴイ!

まず、ゲーム史上に偉大な足跡を残したFF7がどんなタイトルなのか、その魅力を紹介します。

度肝を抜くグラフィック

FFシリーズというと、毎回超美麗なグラフィックが話題になりますが、そのイメージを決定付けたのがFF7でした。当時のRPGといえば、ドット絵のデザインを基調とした2Dのグラフィックが主流だったのですが、FF7は3DのキャラがCGで描かれた世界を縦横無尽に動き回るという、当時としては異例のグラフィック表現になっていました。現在では3Dグラフィックは当たり前になっていますが、当時はPlayStationのスペックをフルに使った映像表現にみんな度肝を抜かれたものでした。そして、FF7の登場以降、多くのゲームで3Dグラフィックが多用されるようになっていきました。

重厚なストーリーとキャラ設定

FF7以前のFFシリーズは、剣や魔法を基調とした、いわゆるファンタジーの世界観で展開されるRPGでした。しかし、FF7では、近未来的な建築物や、車にバイク、そしてケータイ電話が登場したり、『森羅カンパニー』という企業と敵対したりするなど、これまでとはまったく違う世界観のRPGだったのです。
そして、「クラウド」や「セフィロス」といった魅力的なキャラクターが織りなす重厚で複雑なストーリーが重なることで、FF7の世界観により深みを加えています。そのため、当時は辞め時がみつけられないユーザーが頻発し、徹夜でプレイしたユーザーも多いものでした。

戦闘シーン、BGM、ミニゲームすべてにスキがない

当時FF7がリリースされたとき、多くの人を驚かせたのが、戦闘時に登場する召喚獣だったのではないでしょうか。「イフリート」や「リヴァイアサン」、「バハムート」といった召喚獣はそれまでのFFシリーズでもおなじみだったのですが、FF7では3D-CGで描かれた召喚獣によるド派手なエフェクトが戦闘を盛り上げるという試みがインパクト大でした。
また、FF7の楽曲はFFシリーズ内でも屈指の名曲が多く、今回のリメイク版でもどのようなアレンジになるのか気になっている方も多いと思います。
そして、FF7には本編のストーリーとは別に、スノボやチョコボレース、Gバイクといったいくつかのミニゲームが用意されていたのですが、”ミニ”とは言えないほどの完成度だったため、当時はストーリーそっちのけでミニゲームにハマった人も続出しました。

FF7リメイクとは

ただの移植に留まらないという噂のFF7リメイクの魅力について紹介します

「リメイク=移植」ではない

FF7はこれまでPlayStationだけでなく、PS4のDL版やスマホ・アプリ版、PC版などもリリースされてきました。また、FF7インターナショナルなど若干の追加要素を加えたタイトルのリリースもありましたが、あくまでもFF7の移植という枠に留まっていました。
しかし、今回のリメイクは、ゲームデザインからすべて作り直したタイトルになります。グラフィックもPS4のスペックを最大限生かした実写に近いクオリティで描かれたり、ストーリーにも修正が入ったりするでしょう。
ただし、FF7リメイクのディレクターはオリジナル制作に携わった野村哲也氏が務めており、アレンジをしている部分はありながら基本的にはオリジナルを踏襲しているということで、往年のファンもきっと楽しめることでしょう。

戦闘システムも異なる

FF7リメイクでは、従来のFF7と戦闘システムが異なる点も話題となっています。FF7ではATBゲージがたまったらコマンドを選択する、いわゆる「コマンドバトル」だったのに対し、FF7リメイクでは従来のコマンドバトルにアクション的な要素を加えたバトルシステムになっているようです。
そのため、「ガード」などの要素も追加されており、よりヒリヒリした戦闘が楽しめるのではないかと期待されています。さらに、戦闘中のメンバーチェンジも可能になっているようで、より戦略性の高いバトルシステムになっているとのことです。

全ゲーマーに体験してほしいタイトル

今回は、FF7リメイクの魅力などについて紹介しました。現段階で分かる範囲の情報で判断するだけでも、世界最高峰のRPGになっていることが期待されます。過去のファンはもちろん、まだFF7をやったことがない方も、マストでプレイするべきタイトルといえるのでは。スマホ版やPC版などで、今から予習しておくのもよいかもしれませんね。
▼『FINAL FANTASY VII REMAKE』公式サイトはこちら

関連記事

FF、DQ・・・懐かしいあのゲームをスマホでやろう
位置情報ゲームが再ブーム? Pokémon GOだけじゃないおススメを紹介
「Nintendo Switch Lite」って通常のSwitchと何が違うの?

あなたにオススメ
Recommends

ラチーコ

IT、エンタメ、ファッションから介護、債務整理関係まで節操なくカバーする副業ライター