スマホはどこでもアプリやネットが楽しめて便利。ところが、スマホの見すぎで目が疲れている人が急増しているんです。職場やちょっとした空き時間にできる簡単ストレッチや、目が疲れにくくなるお役立ちグッズをご紹介します!

疲れ目解消その1「眼球まわし」ストレッチ

スマホの見すぎによる「疲れ目」の原因として、一点を集中して見ることによって目の周りの筋肉が凝り固まってしまうことが考えられます。目の周りの筋肉をほぐすストレッチで血行をよくしましょう!

  1. 目をギュッとつぶる→パッと開くを10回繰り返す。
  2. 顔を正面に向けたまま軽く目を閉じ、眼球だけで上を見る。この時、顔を動かさずに眼球だけを動かすのがポイント。
  3. 目を閉じたまま、時計回りで右、下、左、上の順でゆっくり眼球をぐるっとまわす。目のふちのギリギリを見るイメージで、ゆっくり一周させる。
  4. 次に、反時計回りでゆっくり眼球を一周させる。これを数回繰り返す。
  5. 最後に目をさらにギュッと閉じ、パッと開く。

疲れ目解消方法その2「ツボ押し」

デスク上でも簡単にできるツボ押しは即効性もありおすすめです。
まゆ毛には、目の疲れに効くツボがあります。

疲れ目を解消するツボとは?スマホの使いすぎで疲れている目を癒す方法

眉頭の攅竹(さんちく)や、眉の真ん中にある魚腰(ぎょよう)を指で押してみましょう。ここを押してみて痛みを感じたら、かなり目が疲れている状態です。

親指や、人差し指の第二関節などでゆっくり押し、10秒ほどキープします。強く押しすぎず、気持ちがよいと感じる強さで押してくださいね。

また、スマホを見終わった時に、眉尻にある糸竹空(しちくくう)をゆっくり押さえてあげると、目の神経が休める効果が期待できます!

ブルーライトをカットするグッズ・アプリ

目の疲れを予防するために、スマホの液晶画面から発生するブルーライトカットをカットする液晶保護フィルムを使用するのも有効です。

ブルーライトは、視界のチラつきやまぶしさを感じさせ、目の疲れの原因となります。保護フィルムを貼ることで、ブルーライトをある程度カットすることができます。液晶を保護する役割もあるので、ぜひ活用しましょう!

液晶保護フィルムに関する商品一覧

ブルーライトをカットして、目への影響を軽減できるアプリも人気です。Androidの無料アプリ「ブルーライト軽減フィルター ~ ブルーライトはアプリで対策!」は、0%~80%の間でブルーライトカット率を自由に変更できます。

「ブルーライト軽減フィルター ~ ブルーライトはアプリで対策!」のダウンロードはコチラ(Andorid専用)

また、スマホの画面が明るいほど、目はブルーライトの影響を受けやすくなります。文字などが見づらくならない程度に画面を暗く設定しておくだけで、ある程度ブルーライトを軽減できます。

「スマホを使っていると目が疲れる・・・」という方。ストレッチやグッズを使って、目をいたわってあげましょう!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(247本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック