【超簡単】ExcelやWordの文書を1枚の用紙に収めて印刷する方法

ExcelやWordで文書を作って印刷してみたら、何枚もの用紙に分かれて印刷されてしまった・・・そんな経験ありませんか?

ExcelやWordで文書を作って印刷してみたら、何枚もの用紙に分かれて印刷されてしまった・・・そんな経験ありませんか?
印刷設定や余白調節で、簡単にかっこよく1枚に収めて印刷する方法をご紹介します。
※記事では、Microsoft Office 2010を使用しています。

Excelの場合

印刷の設定項目から拡大縮小の設定を変更します。
[ファイル]タブの「印刷」をクリックして、印刷プレビューを表示します。
「設定」の一番下の項目(通常は「拡大縮小なし」)をクリックし、「シートを1ページに印刷」を選択します。たったこれだけ。

印刷プレビューが更新され、1ページに収まるよう調整されました。
[印刷]をクリックすれば印刷できます。

Wordの場合

2 ~ 3行がページからはみ出てしまう時には、ページの余白や行間を調整して、1ページに入る行数を増やしてみましょう。
余白を狭くする

[ページレイアウト]タブの「ページ設定」から[余白]をクリック。
はみ出している行数に合わせて「やや狭い」や「狭い」を選択します。
行間を詰める

行間が広く設定されている文書なら、行間を詰めることでも、印刷する範囲を広げられます。
[ホーム]タブの「段落」から(行と段落の間隔)をクリックし、行間の数値を「1.0」などの低いものに設定し直します。
【おまけ】Wordで1枚の用紙に複数ページを印刷する方法

Wordでは「用紙1枚あたりの印刷ページ数」の設定ができます。
[ファイル]タブの「印刷」をクリックし、印刷プレビューを表示。
「設定」の一番下の項目(通常は「1ページ/枚」)をクリックし、「2ページ/枚」などを選択します。
文書が2ページ以上になってしまった時や、サムネイルを作りたい時に、おすすめです。
印刷する前のお手軽ちょいテクで、用紙の無駄を減らしましょう。

あなたにオススメ

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?