Excelシートを拡大/縮小して作業したい

Excelで大きな表を全体表示すると文字が小さく作業しづらいことがあります。その場合、ズームスライダーを利用してシートを拡大しましょう。

Excelで大きなサイズの表を全体表示すると、文字が小さくなって作業しづらいことがあります。
その場合、右下のズームスライダーを利用してシートを拡大しましょう。拡大だけでなく、縮小し、俯瞰して表を見ることもできます。

ズームスライダーを利用する

ウインドウ右下のズームスライダーを操作すると、表示倍率を調整できます。
初期状態では100%に設定されており、最少10%、最大400%まで倍率を変更できます。

スライダー右のプラスボタンをクリックすると拡大、左のマイナスボタンで縮小ができます(ワンクリックごとに10%倍率が変化)。

スライダーをドラッグして表示倍率を変更することもできます。

マウスのホイールボタンを利用する

ホイールボタン(左ボタンと右ボタンの間にあるボタン)が付いているマウスであれば、[CTRL]キーを押しながらホイールボタンを前もしくは後に動かすことで、シートの表示が拡大、縮小されます。
いつでも簡単に拡大、縮小できるので、覚えておくと大変便利です。

あなたにオススメ

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?