Excelで入力したデータが、勝手に日付に変換されるのを止める方法

Excelで「1/2」と入れたいのに、勝手に日付に変換されてしまい、「イラッ・・・」という方へ。解決策をご案内します!

Excelでセルに「1/2」と入力したいのに、勝手に「1月2日」と日付に変換されてしまい、イライラする!という方。解決方法を2案ご紹介します!

「’」(シングルクォーテーション)を入力する方法

やり方はとってもカンタン。
半角英数状態で[Shift]キーを押しながら数字の[7]キーを押すと、「’」と出ます。これが「シングルクォーテーション」という記号です。
このあとに「1/2」と入力します。

すると、日付ではなくきちんと「1/2」と表示されます!

この方法は「1-2」といった入力の際にも役立ちます。
Excelは入力されたデータから、自動で書式を設定する機能が備わっています。シングルクオーテーションを文頭に入れると、入力したデータは文字列扱いとなるため書式が変わらずに表示されるわけです。

書式設定から変更する方法

入力するセルごとにシングルクオーテーションを打つのが面倒なときは、列や行ごとに書式設定することで変換しないようにできます。
変換させたくないセル(A列だったらA全体を選択した状態)を指定した状態で、[ホーム]タブの「配置」のダイアログボックスランチャーをクリックすると、「セルの書式設定」画面が開きます。
「表示形式」タブから「文字列」を選び「OK」をクリックすれば、入力した数字や記号がそのまま表示されるようになります。

入力するセルがある列に集中している時は、列ごと設定変更をしてしまった方が楽かもしれませんね♪
その他、Excelのちょいワザに興味があるという方、ぜひ関連記事も読んでくださいね!

関連記事

Excelには日付を入力すると曜日も表示できる形式がある
エクセルで見出しの行や列を固定したままシートをスクロールする方法
「0」から始まる数字を入力する方法など、Excelで使える基本技3選

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

あなたにオススメ
Recommends