Excelではセルの書式設定の表示形式を変えると、同じデータをさまざまな形式で表示できます。

その中でも「日付を入力すると曜日も自動表示される方法」を覚えておくと、使えるシーンも多いので重宝します。かんたんなのでぜひマスターしてください。

Excelで「12月30日(月)」のように日付と曜日を一緒に表示する

まず、曜日を表示させたいセルに日付を入力します。

※日付は基本的に西暦を含めて入力しましょう。西暦を入れずに入力すると、自動的に現在の西暦と認識されることが多いのですが、同じシートの中にすでに他の日付が入力されているとそこにある西暦を自動的に拾ってしまう可能性もあるからです。

続いて、日付を入力したセルの上で右クリック。ダイアログボックスをひらき[セルの書式設定]をクリックします。(リボンメニューで[ホーム]を選び、その中にある[書式]から[セルの書式設定]を選んでもOKです)

Excelで「12月30日(月)」のように日付と曜日を一緒に表示する

[セルの書式設定]の画面があらわれたら[表示形式]の[分類]にある[ユーザー定義]をクリックします。

[種類]の欄に 「aaa」と入力すると「」というように曜日が1文字の日本語で表示されます。種類の入力欄のすぐ上にある[サンプル]の欄に変換後の状態が表示されるので確認してください。OKなら[OK]をクリックして終了します。

Excelで「12月30日(月)」のように日付と曜日を一緒に表示する

曜日を表示させる書式記号は、以下となります。

書式記号 曜日 補足
aaa 漢字で曜日の頭文字の1文字を表示
aaaa 水曜日 漢字で曜日を含めた3文字を表示
ddd Wed 英語の曜日で頭文字の3文字を表示
dddd Wednesday 英語の曜日を表示

また、書式記号は組み合わせて使えます。たとえば2014年1月1日(水曜日)と表示させるなら[種類]に「yyyy"年"m"月"d"日"(aaaa)」と入力します。

Excelで「12月30日(月)」のように日付と曜日を一緒に表示する

書式記号は一見とっつきにくいかもしれませんが、規則性がハッキリしていますから慣れてしまえばとても便利です。ご自身の使いたい表示スタイルをお試し下さい!

この記事もオススメ

自宅のPCをスマホで操作!Chromeリモートデスクトップとは【しむぐらし】
【格安スマホの法人利用】管理機能のあるMVNOを選ぼう!【しむぐらし】
Androidスマホでテザリング!使い方をおさらいしよう【しむぐらし】

ピックアップ

花岡貴子(はなおか たかこ)

デジタルレシピ研究家。パソコン教師→競馬評論家に転身→IT業界にも復帰。現在は執筆、セミナー講師、ITコンサルを手掛ける。得意はSNS、モバイル、パーソナルクラウド。"ねぇさん"と呼ばれる世話焼きが高じ、FP資格取得しお金の相談も受ける毎日。⇒公式サイト

記事(17本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック