Excelを使っているときに、セル内の文字数を数えることができたらいいのにと、思ったことはありませんか?

とくにライターの仕事をしていると、文字数制限を設けたアンケート項目を作ることがあります。そんなときに文字数を数えられるとかなり便利!

そこで今回は、1つのセルに入力した文字数を数える方法をご紹介します。

LEN関数なら簡単に文字数がわかる

※Microsoft Excel 2007を使用しています

1つのセルに入力した文字数をカウントしたいときには、別のセルに関数(LEN)を入力すればOKです。

Excelの便利な関数「セルに入力した文字数を数える」

たとえば、セル「A1」に入力した文字数を知りたい場合は、別のセルに「=LEN(A1)」と入力すると、カウントされた文字数が表示されます。

Excelの便利な関数「セルに入力した文字数を数える」

LEN関数は、指定した文字列の文字数をカウントする関数です。半角文字や全角文字は区別されず、すべて1文字として数えられます。また、スペースや数字、句読点もすべて、文字としてカウントされるのが特徴です。

セル内に入力できる文字数を制限する方法

応用編として、特定のセルに入力できる文字数を制限する方法もご紹介します。

ここでは例として「20文字以内(全角・半角に限らず20文字)」に制限することにします。

任意のセルに入力する文字数を、関数を使わずに制限したい場合、該当するセルを選択後、メニューバーから「データの入力規則」をクリックし、「設定」→「条件の設定」で各種設定を行います。

「入力値の種類」では「文字列(長さ指定)」、「データ」では「次の値以下」、「最大値」では制限したい文字数の値「20」を入力します。

「OK」をクリックすると設定完了です。

Excelの便利な関数「セルに入力した文字数を数える」

この設定をすると、入力した文字数が制限をオーバーしたときに、「入力した値は正しくありません。ユーザーの設定によって、セルに入力できる値が制限されています」というメッセージが表示されます。

この設定方法の場合、入力した文字数が制限文字数を超えている場合、文字がすべて消えてしまいます。「再試行」をクリックして、入力をやり直さなくてはならないというデメリットもありますが、関数を使わなくていいので簡単です。

Excel内の文字数を数えたいときや、文字数を制限したいときには、上記の方法を試してみてくださいね!


★2014年7月24日 文字数を制限する方法の説明にて「全角20文字(半角40文字)」に制限する、と表記しておりましたが、「20文字以内(全角・半角に限らず20文字)」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。ご指摘いただきまして、ありがとうございました。

ピックアップ

池田園子(いけだ そのこ)

86年生まれのフリーライター。楽天でポータルサイト運営、ITベンチャーでメディア運営を経て独立。10以上の媒体に執筆中。恋愛やWeb、スマホ、会社、ガジェットネタ、広告案件などを手がける。著書に『フリーランスで食っていきたい!』がある。Sonoko Blog

記事(63本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック