おさえておくと便利なExcelの基本操作シリーズ!
Excelの表に新しく行や列を挿入する場合の操作を紹介します。

こういった基本操作をきちんとおさえておくと無駄なく作業が行えるので、作業効率アップにつながります。

知っている方もおさらいしてみましょう。

行を挿入する

あらたに行を加えたい1つ後の行番号を右クリックし、「挿入」を選択すると(1)、行が挿入されます(2) 。

Excelの表に新しく行や列を加える方法

複数行をまとめて挿入する

行を加えたい1つ後の行番号を選択します。

Excelの表に新しく行や列を加える方法

挿入したい行数を下にドラッグしたまま右クリックし、「挿入」を選択すると、下にドラッグした行の数だけ、新しい行が挿入されます。

列を挿入する

Excelの表に新しく行や列を加える方法

列を挿入したい場合も、手順は同じです。加えたい列の1つ後のアルファベットを右クリックし、「挿入」を選択します。

※この記事は「サーイ・イサラ」から転載しています。

BIGLOBE会員のためのトレンド情報&ネット活用マガジン「サーイ・イサラ」(PR)

毎日をもっと楽しく、もっとお得に。
BIGLOBE会員のためのトレンド情報&ネット活用マガジン『サーイ・イサラ』

20年以上、支持をいただいているIT活用誌です。お申込みいただいた住所へ毎月お届けします。


トレンド情報&ネット活用マガジン『サーイ・イサラ』

の詳細はコチラでチェック!

サーイ・イサラ定期購読

ピックアップ

サーイ・イサラ編集部

BIGLOBEが発行している、会員情報誌「サーイ・イサラ」編集部です。 情報誌に掲載した記事の中から、インターネットやパソコンの便利ワザ などをピックアップして紹介します。⇒サーイ・イサラとは?

記事(84本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック