Excelって、便利だよね。表組は簡単にできちゃうし、計算だってしてくれる。でも、イマイチ使いこなせていないようで・・・。

というわけで、知っていると便利な「オートフィル機能」を教えてもらいました!

※記事ではExcel 2010を使用しています

「オートフィル」機能とは?

「オートフィル」というのは、「1、2、3、4・・・」といった、連続するデータを自動的に入力できる機能。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

たとえば、コレ。

各セルに、1月、2月、3月・・・なんて入力していくのは、けっこう面倒。でも、オートフィルを使えば、とっても簡単なんです。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

まず先頭になるセルに、1月と入力する。
そしてそのセルを選択すると、右下の角に「フィルハンドル」という"■"が表示される。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

ここにマウスのポインタを合わせると"+"が表示されるので、それを下方向にドラッグ。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

すると、ナント! 自動的に連続データが完成したじゃ~ないですか!

このほかにも「1月1日、1月2日、1月3日・・・」とか、「月、火、水・・・」なんてのも、自動で入力してくれるのだ。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

ちなみに1、2、3、4・・・という連続したデータを入力する場合に、セルに「1」だけを入力してオートフィルを使うと「1、1、1・・・」と、同じ数字がコピーされてしまう。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

そんなときは、右下の角に表示された[オートフィル オプション]ボタンをクリック。[連続データ]を選択すれば・・・

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

「1、2、3、4・・・」と表記される。

オートフィルで、十干(じっかん)や陰暦も自動的に入力

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

しかし、そんなことで驚いていてはいけない。ほかにも「甲、乙、丙・・・」「子、丑、寅・・・」「睦月、如月、弥生・・・」なんて、いろいろな連続データも自動的に入力できるのだ!

どんな連続データが入力できるのかを知りたいときは、以下の方法でチェックしてみよう。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

まず、Excel画面の左上にある[ファイル]タブを選択し、[オプション]をクリックする。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

[Excelのオプション]画面が表示されるので、[詳細設定]を選択。[全般]の項目にある[ユーザー設定リストの編集]ボタンをクリックする。

で、[ユーザー設定リスト]を確認してみると、

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

オートフィルで自動的に入力してくれるリストが表示される。
「Sun、Mon、Tue・・・」「第1四半期、第2四半期、第3四半期・・・」なんてのもある。便利だね~。

自分でオートフィルのリストをカスタマイズできる!

また、規則性があれば、連続データを自動的に入力することができる。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

たとえば「1」の次に「3」と打ち込んで、2つのセルを選択。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

そこからオートフィルをすれば、「1、3、5・・・」という奇数の連続データに。「10」のあとに「20」と打ち込めば「10、20、30・・・」となる。

2つのセルに入力された数字の関係を考えて(?)、その続きを入力してくれるなんて、なんてステキなんでしょ!

さらに、先ほど紹介した[ユーザー設定リスト]に、新しいリストを追加することも可能だ。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

[ユーザー設定リスト]を開いたら、リスト内にある[新しいリスト]を選択。右側の[リストの項目]内に、追加したい項目を入力する。

1文字ずつ入力しては[Enter]キーで改行し、入力データが縦に並ぶように入力していこう。

そして[追加]ボタンをクリックすれば登録される。あとは[OK]ボタンをクリックすれば完了だ。

範囲を一瞬で指定する便利な方法

これだけ知っていれば、もう「オートフィル」は十分に使いこなせる。けれど、さらにこんな機能を知っていると、一段と便利になる。

それは、ダブルクリックでオートフィルを一瞬で行う方法だ。ただしこれは、縦方向のみに使用が可能。また、隣の列にデータが入力されていなければならない。

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

ではどうするのかというと、入力されているデータの隣の列(画像ではB列)に、データを入力。セルを選択して"+"をダブルクリックすれば、一瞬で完了!

【凄いぜExcel先生】オートフィル機能で「甲乙丙...」から先を自動で入力

これなら、長い列を下までズーッとドラッグしないですむから楽チンだね。

※株式会社トライワープの虎岩 雅明氏から情報提供いただきました

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(271本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック