PC版:ダウンロードしたファイルの保存場所はどこ? 探し方と保存先の変え方も!

パソコンで、メールやWebサイトからダウンロードしたファイルがどこに保存されたか分からない。そんな時、まずは探してみたい場所と、保存先を変更する方法をご紹介します。

メールやWebサイトからファイルや画像をダウンロードすることがありますよね。でも、それらがどこに保存されたのか分からなくなり、つい探し回ってしまう…なんて場合がありませんか? この記事では、PC上でダウンロードしたファイルを探す方法や、保存先を自分で変える方法を主なブラウザ別にご紹介します。

まずはダウンロードフォルダを確認

ネットからダウンロードしたファイルは、デフォルトでは「ダウンロード」フォルダに保存されることが多いです。
「ダウンロード」フォルダは、タスクバーの中のエクスプローラーフォルダをクリック→左側のバーの中の「PC]から確認できます。
または、左下のWindowsアイコンをクリック→

よく使うアプリの中のエクスプローラーフォルダをクリック→

左側のバーの「PC」から確認できます。

Windows 10のメニューにない場合はタスクバーの検索ボックスから探してみましょう。

主なブラウザ別・ダウンロード先の変更方法

ファイルのダウンロード先は、初期設定の「ダウンロード」フォルダから変更することもできます。主なブラウザである、「Google Chrome」「Microsoft Edge」「Firefox」での変更方法を、それぞれ説明いたします。

Google Chromeの場合

ブラウザのツールバーの右端にある「Chromeメニュー」(縦に3つ点が並んでいる部分)をクリックします。

「設定」 をクリックし、さらに「詳細設定」→「ダウンロード」をクリック。
「ダウンロード」 の「保存先」の右側にある「変更」をクリックし、ファイルの保存先を選択します。これでダウンロードしたファイルは、新たに設定した保存先へ保存されます。
また、「ダウンロード前に各ファイルの保存先を確認する」をONにしておくと、その都度保存場所を設定できます。

Microsoft Edgeの場合

ブラウザの右端にある、横に3つ点が並んでいる部分をクリックします。

「設定」から「全般」をクリックして下方向にスクロールすると、「ダウンロード」という部分が出てきます。ここで保存先の変更ができますし、「ダウンロード時の動作を毎回確認する」をONにすると、ファイルごとに保存場所を設定することができます。

Firefoxの場合

ブラウザの右端の部分、線が三本並んでいる「メニュー」をクリックします。

「オプション」をクリックして下方向にスクロールしていくと、「ファイルとプログラム」→「ダウンロード」という部分が出てきます。
ここで、ダウンロード先のフォルダの変更とファイルごとに保存先の指定をすることができます。

よく使うブラウザの設定でダウンロードファイルの保存方式の変更方法を知っておけば、作業の効率がよりアップします。ぜひ、頭に入れておいてくださいね。

あなたにオススメ
Recommends

松重明子

日本史好きな三児の母。ビールを嗜みつつ猫を愛でつつ読書をする時間が至福です。ウォーキングやストレッチも好きなので、健康情報にも関心あり。