DVDやブルーレイディスクの「データ用」と「録画用」の違いとは?

DVDやブルーレイディスクの種類には「データ用」と「録画用」の2種類がある。パソコンのデータを保存するのは「データ用」、テレビ番組の録画には「録画用」を使うのだそうだ。

では、パソコンから自分がビデオ撮影した映像を保存するには、どちらを使えばいいんだろう? っていうか、そもそも「データ用」と「録画用」は、どう違うんだ?

両者の違いはコピー制限にあり!

「録画用」には、著作権者に補償金を支払う「私的録画補償金」の協力費が上乗せされている。その分、データ用に比べて価格が高くなっているが、現在のデジタル放送されているテレビ番組は「録画用」でないと録画ができない。

デジタル放送のテレビ番組には、著作権を保護するために「ダビング10」「コピーワンス」などの、コピー制限が施されている。このコピー制限された映像を録画するためには「CPRM対応」ディスクが必要だ。

「録画用」の場合、ほとんどが「CPRM対応」(※)だが、「データ用」は「CPRM非対応」であることが一般的。つまり「データ用」のディスクで、デジタル放送を録画することはできないのだ。

というわけで、自分で撮影した映像を保存したいときは、「データ用」でOKというわけだ。

逆にパソコンのデータを保存する場合は「録画用」を使用することができる。「間違えて『録画用』を買っちゃった!」なんて場合でも使えるのでご安心を。

ちなみに、デジタル放送の番組を録画するには、ブルーレイ・DVDレコーダーが「CPRM対応」ディスクに対応している必要がある。2008年以降に発売された機種ならほとんど対応しているので、一度自分のレコーダーを確認してみよう!

※CPRM非対応の録画用ディスクもあります。

★2014/5/28 録画用について、私的録画補償金の記述が抜けておりましたので追記いたしました。

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(271本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック