【PC】マウスなしでマウスポインター操作!キーボードでマウス移動、オンオフ切り替え方法など

出先でノートパソコンを開いたものの、マウスを忘れてしまい、作業が滞った経験はありませんか?キーボードやタッチパッドを使って、マウスなしでもスムーズにパソコンを操作する方法を紹介します。

リモートワークが浸透し、自宅や会社以外の場所で仕事をする人も増えてきましたね。となると、出先にマウスを忘れてきてしまった!という事態も多いはず。しかし、あきらめてパソコンを閉じる必要はありません。

ここでは、マウスがないときノートパソコンをスムーズに操作する方法やオンオフの切り替えに迷ったときの対処法を紹介します。

タッチパッドのオン・オフを切り替える【ノートパソコンの場合】

ノートパソコンのタッチパッドを使えば、マウスが手元になくてもマウス操作を行うことができるのは、みなさんご存知のとおり。

でも、いざというときにマウスがなければ切り替えられない・・・と思う方もいるのでは?

タッチパッドのオン・オフを切り替える方法は、キーボードの「Fn(エフエヌ)キー」を押しながら、マウスの絵柄があるファンクションキーを押すだけでOKです。ファンクションキーというのはキーボードの上部にあるF1とかF7とかのキーのこと。

パソコンメーカーによって、マウスの絵柄があるファンクションキーの位置は違います。自分のPCのファンクションキー位置をあらかじめ確認しておきましょう。

タッチパットをオンにすれば、マウスがなくてもパソコン単体で操作ができますし、オフにすれば腕などがタッチパッドに触れた際に誤操作する心配がありません。

キーボードでマウス操作を行う【デスクトップパソコンの場合】

パソコンの設定を変更すれば、キーボードのテンキーでマウス操作を行えるようになります。すべての操作をキーボード単体で行えるようになるので、毎回マウスを持ち替える手間を省けて便利です。

まずは、画面左下のスタートボタンをクリックして、「設定」(歯車マーク)を選択。

次に、検索窓に「簡単操作マウスの設定」と入力して検索。

「マウスをキーパッドで操作する」をオンににすれば設定完了です。

あとは、キーボードのテンキーを押下するだけで、写真の矢印の方向にカーソルを移動可能。「/」キーを押すと左クリックができ、「-」キーを押すと右クリックの状態になります。適当な位置までカーソルを動かし、「5」キーを押して決定操作を行いましょう。

ショートカットもあります

「Altキー」+左の「Shiftキー」+「NumLock」キーを押すと、マウスキー機能を有効にするためのウインドウが表示されます。
テンキーで「はい」を選択し、Enterキーを押すと、タスクバーにマウスのアイコンが表示され、テンキーでマウスキーが操作できるようになります。マウスのアイコンに×が付いている場合は、「NumLock」キーを押してください。
マウスを自宅に忘れてしまったときや、急にマウスが不調になった際は、上記の方法を試してみてくださいね。

あなたにオススメ

エンジョイ!マガジン編集部