スタートアップとベンチャーの違いは?意味を紹介

最近「スタートアップ」という言葉を耳にすることが多くなりました。「ベンチャー」とはどう違うのでしょうか?この記事ではスタートアップとベンチャーの違いについて解説します。

近年、メディアを通して「スタートアップ」という言葉を目にすることが増えてきました。何となく意味を理解していても、きちんと説明できない……という方も多いのではないでしょうか。「ベンチャー」という言葉との違いも、気になりますよね。

この記事では、「スタートアップ」という言葉の意味をご紹介します。

スタートアップとは?

日本のビジネスの場においてスタートアップという言葉は、「新しい分野で急成長し、市場開拓段階にある企業や事業」の意味として使われ、一般的に創業から数年までの企業を指します。

ただし、単に新しい企業を指すこともありますが、それよりも「革新的な事業」に取り組んでいる企業を指すことが多いです。

つまり、言葉の意味として「新しい企業」を指すのではなく、「高い率で成長し続ける企業・事業」「イノベーション精神を持つ企業」であれば、企業規模や設立年数に関わらずスタートアップといえるでしょう。

スタートアップとベンチャーの違いとは

それでは、混同されがちなスタートアップとベンチャーの違いとは一体どこにあるのでしょう。
スタートアップについては先述の通り。一方で、ベンチャーは「大企業が参入していない分野に、新しい事業を拡大する中小企業」を指します。

つまり、「急成長し利益が見込める新しい事業・企業」はスタートアップ、単に「新しい事業を展開する中小企業」はベンチャーと考えるとわかりやすいでしょう。

ベンチャーは和製英語

ちなみにこの「ベンチャー」とは和製英語だということをご存知でしたか? 「ベンチャー=Venture」という言葉は英語と日本語で持つ意味が異なります。

日本語で「ベンチャー」という場合、「ベンチャービジネス」そのものや「ベンチャー企業」を指すことが多いですよね。

一方、英語で「Venture」という場合は、投資する企業や投資家など、「投資する側」を指します。このことは覚えておいて損はないでしょう。

スタートアップの特徴

日本のビジネス市場において、スタートアップは比較的新しい概念です。
スタートアップの特徴として「イノベーション(技術革新)」があるかどうかが挙げられます。スタートアップを目指す起業家は、イノベーションを通じて、生活や社会を変えようという強い思いを持って起業します。

イノベーションと聞くと大きな事業をイメージしますが、必ずしもそうではありません。どんなにニッチで小さな「課題」でもイノベーションを目指していれば、スタートアップになりうるのです。

あなたにオススメ

月木なつめ

会社員を経てフリーランスに。文化財学科出身なので趣味で歴史系の分野を調べることも。IT・旅行・ゲームなどの分野で執筆活動中。