今、ちまたで話題になっている「Chromecast(クロームキャスト)」って、知ってる? テレビのHDMI端子に差し込み、Wi-Fiに接続して使う、小型のメディアストリーミング端末。

簡単に言うと、スマホなどの画面をテレビの大画面に映せるものだ。

でも、何でもかんでもテレビに映せるわけではないようなので、Chromecastで「できること」と「できないこと」をまとめてみた。

Chromecast(クロームキャスト)では何ができて、何できない?

Chromecastで「できる」のはこんなこと

Chromecastを使えば、スマホやノートパソコンなどの画面をそのままテレビに映せると誤解されがちなのが、基本的にテレビに映せるのは「Chromecastに対応したアプリの画面」となる(※)。

※Android端末の場合は、機能的にChromecastへの画面ミラーリングに対応しています

【ブラウザで表示しているWEBサイトが見られる】

Google Chromeのブラウザに「Google Cast」をインストールすることで、パソコンやタブレットなどで見ているWEBサイトをテレビの大画面に表示できる。

【パソコン・スマホ・タブレットの画面をテレビに表示】

パソコンで表示しているデスクトップをテレビに映す場合は「Google Cast」のオプションを使う。Android搭載のスマホやタブレットは、ミラーリング機能を使えばホーム画面をテレビに映し出すことができる。

【動画や写真もテレビで見られる】

動画は「Google Play」「YouTube」「dビデオ」「ビデオパス」「ニコニコ動画」、写真は「AllCast」「Photo Cast for Chromecast」など、Chromecastに対応しているアプリで鑑賞することが可能。

最近では、映画やドラマなどが楽しめる「Hulu」もChromecastに対応したので、見られるコンテンツがグンッとアップ!

Chromecastで「できない」のはこんなこと

【ブラウザゲームをするのは難しい】

コールオブゴッド」「プロ野球MAX」といったブラウザゲームはChrome経由で映し出すことができる。ただ、基本的にはマウスが表示されないので、事実上テレビ画面だけで楽しむことは難しい。

ただし、「艦これキャスト」のように、ブラウザゲームでもマウスを表示させるツールがでているものもある。

【パソコンソフトには非対応】

Office、動画再生ソフトなど多くのパソコンソフトは、今のところChromecastには対応していないものが多い。ソフトの画面をテレビに映すには、Google Chromeのアプリか、ミラーリング機能を使って、デスクトップ全体をテレビに表示することになる。

ただし、その場合は操作と表示のタイムラグがあるので、テレビ画面でパソコンソフトを使うには不向きだ。


このような特性を持ったChromecast。用途を考えつつ、ぜひ使ってみよう!
ちなみに、Chromecastはamazonからでも購入できますよ!

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(271本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック