cat_language_00.jpg

犬と違って、猫は勝手気ままなイメージがあります。
お手、お変わり、待て......訓練をすれば犬は人間の言葉を理解します。

しかし、猫は飼い主の名前ぐらいは理解しているようですが、それ以外は人間が何を言っても通じていないようです(大きな声で怒鳴ったらイタズラをやめますが、これは言葉を理解しているのではなく、雰囲気や音量で察しているのでしょう)。

人間の言葉を猫語に......?

さて、そんな意思疎通が難しい猫ですが、画期的なアプリがありました。それは「人猫語翻訳機」(iOS版Android版

無料アプリ)。これは人間の言葉を録音すると、なんと「猫語」に翻訳して、スピーカーから出力されるというもの。

使い方は簡単です。まず、アプリを立ち上げて、真ん中にある赤いボタンを押します。すると、録音モードになるので、「おなか空いた?」など音声を記録し、再度赤いボタンをタップして収録をストップします。すると、自動的に「猫語」に翻訳して、スピーカーから流れてきます。

この猫語翻訳で流れる猫の声は、25匹以上の猫から、175におよぶ質の良い鳴き声を収録。しかも人間の言語は、スワヒリ語以外、全部対応!

いざ、翻訳に挑戦!

それでは、筆者も早速飼い猫に対してやってみました。

「こんにちは」と録音して、スピーカーから猫語に翻訳された音を流します。猫はこちらを見るも動かず......。

次に、食いしん坊な猫なので、「ごはん食べる?」と翻訳して伝えましたが、こちらを見るだけ、やはり動きません。

やはり、通じていないのかな......? 

いや、きっと私の言ったことは理解しても、猫特有の気まぐれで、本人のやる気がでないと反応しないのでしょう。

cat_language_01.jpg
▲人と猫でコミュニーションがとれるニャウリンガルアプリ「人猫語翻訳機」。画面は課金済み

ウチの猫が反応したのは......

しかし、「人猫語翻訳機」にはまだまだ機能があります。

8種類の猫の鳴き声フレーズが記録されており、ボタンをタップすれば、猫に対して感情を表明することができます。
しかし、猫の感情はそれぞれのアイコンに描かれているのですが、「立っている」「座っている」「飛んでいる」など、人間の喜怒哀楽とは違う表現になっています。

これもやってみましたが、どのボタンを押しても、こちらを見るけど反応はせず。

悔しいので120円課金をして、鳴き声フレーズを16種類に増やしてみました。
すると、鳥とネズミの鳴き声に大反応。
目を大きくして「何か変な音がしたよ!」といった感じで、私の方にやってきました。

cat_language_002.jpg
▲鳥の鳴き声でやってきた

本当に通じているかは不明ですが、猫とのコミュニケーションツールとしてはとても面白かったですね。
猫を飼っている人はもちろん、近所の猫たちと遊んでみたい人にはお勧めのアプリです。

ピックアップ

江原顕雄

PC、インターネットが得意ジャンルのフリーの編集・ライター。「ぁゃιぃわーるど」「下水道」で誕生して、「あめぞう」で乳児期を過ごし、「壺」で育ててもらいました。

記事(25本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック