iPhone 7のリリースが話題の昨今。iPhoneユーザーが気になるポイントの人が「イヤホンジャックがなくなったこと」ではないでしょうか。


というわけでiPhone 7のジャックはLightning端子のみ。iPhone 7にはこのLightning端をステレオミニ端子(イヤホンジャックと同機能)に変換するケーブルが同梱されていますが、ちょっと面倒ですよね・・・。

いろいろな方法はありますが、オススメはやっぱりBluetoothイヤホン(ヘッドホン)。
通話向け、音楽鑑賞向けなどさまざまな種類がありますので、この機会にぜひBluetoothでチェックしておきましょう。

「まだまだiPhone 7買う予定ないからいいか~」って思っている方も必見ですよ!
なぜなら、今お持ちの機種が使えなくなったとき、買い換えるiPhoneにはイヤホンジャックがついていない可能性が高いから。iPhoneはまだ使えるけどイヤホンを買い換えるというときに、早めに対策しておくのがオススメです!

主に通話で使うならコチラ

音楽を聞いたり動画を見たりすることはないけど、スマホでの通話がしづらいのでイヤホンがほしいという方にはPLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット
がオススメ。耳のくぼみにフィットしやすく、軽いのでつけていることを忘れてしまうほど。カナル式とは違って周囲の音を遮断しないので、会社や街中での使用も安心です。Amazonなら3,000円台(10月6日現在)とリーズナブルなところもうれしい。

安くてもいいけど、お風呂やジムでも使いたい

イヤホン類は、音質にこだわればこだわるほど価格は上がります。どうしても音質は譲れない、という方もいると思いますが「そこまでこだわらないんだけど・・・」という人も多いはず。でも「もしかしたらお風呂で使うこともあるかも」くらいのイメージがあれば、防水タイプにしておくのがオススメです。 スポーツ仕様のTecBillion Bluetooth4.0 ワイヤレスイヤホン
は、多少の汗や水なら大丈夫。価格も1,000円台なのがありがたいですね。

耳栓?いえいえ、世界最小のイヤホンです

イヤホンは小さくしたい!ケーブルもいや!という方は、EARIN
をお試しください。パット見は耳栓にしか見えないこのイヤホン、世界最小サイズなんだとか。Bluetoothなので当然、端末からはワイヤレスでつながりますが、一般的には左右のイヤホンはつながっている商品がほとんどですよね。この商品は、左側のイヤホンで受信したデータを左右の信号に分解して右のユニットに送信することで、左右のイヤホンの間すらワイヤレスにしてしまいました!
注意したいのは、とにかく「失くさないこと」ですねが、落下防止用のシリコン製アタッチメントが付属しているので、ちょっとした運動くらいなら落ちないようになっています。

使うシチュエーションによって選び方もさまざまなBluetoothイヤホン。
あなたにぴったりなものを探して、機種変更後も長く使ってくださいね。

ピックアップ

林さやか

フリーの編集者兼ライター。「本が好き」の一心で編集者になったものの、スポーツ、文学、手芸、東洋医学など興味はとことん「広く浅く」。父親のやっていたパソコン通信から中学生でインターネットにハマった1983年生まれ。

記事(75本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック