燃料要らずで細い道もスイスイ、エコで便利な自転車。
近年は自転車通勤する人も増えていますが、気をつけたいのは自転車事故。出会い頭の衝突や歩行者との接触事故等、大けがや死亡に至る事故は決して少なくありません。

自転車は道路交通法上では「軽車両」に分類され、走行にあたってはルールがあるんです。今回は、意外と知られていない、自転車の交通ルールをご紹介します。

自転車は「車道」を「左側通行」が原則

道路交通法では、自転車は、歩道と車道の区別のあるところは車道を走行をすることが定められています。また、車道を走る時は、進行方向の左側を通行するのがルールです。

これは、歩行者や自転車の対面通行による衝突を避け、また車やバイクにとっては進行方向が同じになることで、自転車の動きに気付きやすくするのが狙い。違反すると3月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられる可能性があります。
このルールは、道路交通法改正が行われた2013年12月より実施されていますが、知らずに右側を走行している人も未だ大勢いる模様です。

ちなみに、下記のいずれかに当てはまれば、歩道でも自転車通行ができる場合があります。

  • 道路標識等で自転車が歩道を通行することが認められている場合
  • 車の通行量が多く、かつ車道の幅が狭い等、車道又は交通の状況からみてやむを得ない場合
  • 13歳未満の子どもや70歳以上の高齢者、身体の不自由な人が自転車を運転している場合

普通自転車歩道通行可の標識はこちら。

改めて知っておきたい、自転車走行のルールあれこれ

この場合でも、自転車が歩道を通行する際は歩行者を優先し、徐行する、車道よりを走る、などの配慮が必要です。

お酒を飲んだら自転車も乗ったらダメ!

車の飲酒運転が違法なのは知られていますが、自転車でもお酒を飲んだら運転するのは道路交通法違反となります!

飲酒運転は「酒気帯び」「酒酔い」の2ランクに分けられており、自転車は酒酔い運転(アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態での運転)を行った場合、5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられます。
なお、お酒を飲んだ状態で自転車を押して帰るのは問題ありません。自転車で出かけてお酒を飲んだ場合は、乗らずに歩いて帰りましょう!

傘をさして自転車を運転するのもNG

雨の日に、片手で傘をさして自転車に乗っている人をよくみかけますが、これも道路交通法違反となります。罰則として、5万円以下の罰金が科せられることも。
では、自転車に傘を固定する器具を取り付けて傘を使用した場合はどうでしょう?

東京都では「積載物大きさ制限超過違反」(※)となります。これは各地域の条例によって異なりますが、万が一転倒したり事故を起こした場合に大変危険なので、雨の日に自転車に乗る場合は、レインコートやカッパなどを着用し、傘を使うのは諦めましょう。

※警視庁では、積載物の長さ及び幅の限度は、それぞれの積載装置の長さ又は幅に、0.3メートルを加えた長さ及び幅を超えないこと、高さの限度は、2メートルからその積載をする場所の高さを減じたものを超えないこと、と定められています。

運転中の携帯電話やスマホの操作もNG

車の運転中と同様、自転車での走行中の通話やメール、閲覧も禁止されており、5万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

信号待ちなどで停止した状態でちょっと手にとって確認するのはOKですが、青になってそのまま発進するのは違反となります。

知らなかったルールはありましたか? 自分や他者の安全のためにも、ルールを守って自転車に乗りましょうね!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(247本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック