2015年10月21日は何の日でしょう?

・・・・・・そう!映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』で、主人公マーティがドクやガールフレンドらと共にタイムスリップした日です! 

映画でマーティが生きていたのは1985年。つまり30年後の世界に飛び込んだわけですね。というか、1985年ってもう30年も前なんですね・・・(驚愕)

バック・トゥ・ザ・フューチャーの「あの日」がやってきた!逆に1985年にタイムスリップしてみよう!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART 2』に出てくる2015年は、適確に未来を捉えていたとも言えるし、微妙に違うとも言えます。映画でスクラップされていたレーザーディスクは2015年どころか2000年くらいには姿を消していますし、テレビ電話は実用化されているものの日常的に愛用している人はそれほど多くない気がしますし・・・(世代や地域にもよるかもしれませんが)。

逆に2015年の今、1985年を振り返ってみるとどんな感じなんでしょう? そんな想いから、30年前にタイムスリップしてみたいと思います!Back to 1985 !!

日本中が「つくば博」で大盛り上がり

国際科学技術博覧会「科学万博-つくば'85」。ワタシも親に連れて行ってもらって「くるま館」や「電力館」に並んだ記憶がありますよ・・・!

改めてWikiなどを見ると、政府はもとより日本を代表する企業や世界各国の大使館なども参加していて、本当に大規模な博覧会だったんだなぁ、と改めて感じます。

そして、住友館のテーマ曲を矢野顕子と坂本龍一が共作していたのを全然知らなかったり、公式テーマ曲「HOSHIMARUアッ!」が全く思い出せなかったり、村田英雄の「万博音頭」と五木ひろしの「科学万博音頭」を聴き比べてみたくなったり、今になって気になることが色々あります・・・!

NTT「ショルダーホン」発売

日本初の携帯電話は1985年に登場していたんですね!車外でも電話できる自動車電話という位置づけだったようですが、まずはどんな物だったのか、ビジュアルをご確認ください(画像検索結果はコチラ)。

・・・ご覧いただけましたか? もう、黒くて四角くて重そうな本体(実際3kgあったらしい)を肩にかけ、子機にしか見えない巨大な電話を誇らしげに(ここポイント)耳に当てている絵面がシュールすぎてグッときすぎて・・・・・・!

でも、当時はこれが最先端。今ワタシたちが使っているスマートフォンも、30年後には「Oh・・・」な感嘆詞と共に語られるのかもしれません。。

いちご大福ブーム

世紀の大発明、いちご大福が生まれたのも1985年! 見た目ではそれほどテンションが上がらなくても、一口食べた瞬間に至福が口に広がり感動すら覚えるあの感覚。生まれてきてくれてありがとう!(甘党代表より)

『ゴーストバスターズ』が大ヒット

1985年の洋画興業ランキング1位は『ゴーストバスターズ』!ワタシも友達と一緒に映画館に観に行きました。

ちなみに2位『グレムリン』、3位『ランボー』、4位『ネバーエンディング・ストーリー』と続いて、10位には『マッドマックス・サンダードーム』がランクイン。今年大ヒットした『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は、実に30年ぶりに公開されたシリーズ続編だったのですね・・・!

ちなみに『サンダードーム』。個人的には、出演し主題歌も歌っていたティナ・ターナーの印象が強烈でした。We don't need another hero~~♪♪

レコード大賞は「ミ・アモーレ」

1985年のヒット曲ランキングは、1位がチェッカーズ「ジュリアに傷心」。2位はレコード大賞も受賞した中森明菜「ミ・アモーレ」、3位は小林明子「恋におちて」。

そしてトップ10には、中森明菜の「飾りじゃないのよ涙は」と「SAND BEIGE」も、チェッカーズは「あの娘とスキャンダル」「俺たちのロカビリーナイト」もランクインしています。

つまり、1985年はチェッカーズと中森明菜の年だった、と言っても過言ではない・・・!プールサイドでウォウウォウウォ、アモーレェェェェェェエエ♪ (ごちゃまぜ)

ちなみに

冒頭に貼った画像は、ワタシの手持ちシングルレコードの中から、1985年と表記されている物を数枚ピックアップした撮影したものです。
♪テ~イク、オ~~ン、ミ~~~ーーーーー♪

・・・まだまだ歌い、いえ語りたいトピックがいっぱいあるのですが、きりがないのでこのへんで(笑)。なかなか濃ゆい年代だったことが再確認できました。1985年から30年後が2015年、そこから30年後は2045年。そのときにまたこのテーマで記事を・・・書けたらいいなぁ(笑)

ピックアップ

ダヨリン(ヨダエリ)

パソコン通信からネットに親しみ、ユーザー視点に立ったデジタル活用術の記事を『日経新聞』『日経ネットナビ』など多数の媒体で手がける。「イマ・ヒト・ココロ」が執筆テーマで、恋愛アナリストとしての著書も。思春期はドイツ在住。好物はお茶とROCK。 ⇒ダヨリン普通日記

記事(210本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック