そのままだと自動更新に!課金される前にApple Musicを解約する方法

Apple Musicは3カ月間は無料でフルサービスを利用できますが、4カ月目からは月額利用
料が課金されます。使い続けない場合は、忘れずに利用登録を解除しておきましょう。

2015年7月に始まった定額制音楽配信サービス「Apple Music」。初回起動から3カ月間は無料で使えるということもあり、多くのiPhoneユーザーが楽しんでいるのではないかと思います。
当たり前のことですが、無料期間が終了すると、月額利用料(個人980円、家族向け1,480円)が発生します。しかも、Apple Musicは一度利用登録をすると、毎月自動更新される仕組みになっています。有料では使いたくない人は、必ず自動更新をオフにしておきましょう。利用最終日の0:00の24時間以上前までにオフにしておく必要があります。
では、自動更新を停止する手順を紹介しましょう。

  1. 「ミュージック」アプリを起動し、画面左上のアイコンをタップします。

  2. Apple Musicのアカウント画面が表示されます。「Apple IDを表示」をタップしましょう。

  3. Apple IDとパスワードを入力してサインインします。

  4. アカウントの管理画面が表示されます。「管理」をタップしましょう。

  5. 月額料金で利用したサービスが表示されます。「あなたのメンバーシップ」をタップします。なお、「有効期間終了」と表示されているのは、すでに自動更新をオフにしたサービスです。

  6. Apple Music メンバーシップ画面が表示されます。「自動更新」をオフにします。

  7. 最後に確認画面がでますので、「オフにする」をタップしましょう。これで、翌月から利用停止となり、勝手に利用料が課金される心配はなくなります。

なお、「設定」→ 「iTunes Store & App Store」→「Apple ID」→「Apple IDを表示」→「管理」でも、自動更新をオフにできます。「Netflix」や「ビューン」など、自動更新になるサービスは意外と多いので、解約を忘れて、無駄なお金を出費していないかも確認しておきましょう。
※料金など2015年12月時点のものです。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

あなたにオススメ

村元正剛(むらもとまさかた)

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し続けているITライター。編集プロダクション「ゴーズ」を率い、雑誌、Webなどにさまざまな記事を寄稿している。趣味は演劇鑑賞と中国ウォッチング。