金環皆既日食をリアルタイムで見たいならライブ配信

2023年4月20日には金環皆既日食があるけれど、日本では見られないとか。そんなときにおすすめしたいのが、海外のライブ配信。日本にいながら金環皆既日食をリアルタイムで見られる!

2023年4月20日には金環皆既日食があります。珍しい現象なので、見てみたいと思っている人も多いでしょう。しかし、残念ながら金環皆既日食を見られる地域は限られており、日本では見られません。そこで、海外のライブ配信で見るのがおすすめです。
本記事では金環皆既日食に関する基本的なことと、おすすめのライブ配信を紹介していきます。

日食とは?

日食とは、太陽が月の後ろ側に隠れて見えなくなる現象を指します。地球と月と太陽が、この順番で一直線上に並んだときに、日食が起こります。日食は非常に珍しく、そう頻繁に見られる現象ではありません。
日食の中でも、地球と月との位置関係や観測地域により、次のような種類があります。

皆既日食

皆既日食は、太陽の全ての部分が月に隠れて見えなくなる現象です。皆既日食が起こると昼間でも暗くなり、月の周りだけがぼんやりと明るく見えます。日食の中でも特に珍しく、ごく一部の地域でしか観測できません。

部分日食

部分日食は、太陽の一部のみが月に隠されて見えなくなる現象です。皆既日食や金環日食が起こるとき、その地域の周辺では、太陽が完全に隠れていないため、部分日食となります。日食の中では、観測できる地域が広く、起こる頻度も比較的高めです。

金環日食

金環日食は、月が太陽の外周部分のみを残して隠す現象のことです。
皆既日食が観測できるときと比べて、地球と月との距離が長い場合に起こります。月と地球が離れることで月が太陽より一回り小さく見えるようになり、外周部分だけが残って見えるのです。金環日食が起こっているときには、太陽は金色の輪のように見えます。

2023年4月20日は金環皆既日食

2023年4月20日には、別々の地域で金環日食と皆既日食が同時に観測される「金環皆既日食」が起こります。18年に1度しか起こらない極めて珍しい現象です。ハイブリッド日食とも呼ばれています。

金環皆既日食が見られる場所

今回の日食で金環皆既日食が観測されるのは、インド洋から東南アジアやオセアニアにかけての地域です。主にオーストラリアやインドネシア、東ティモールなどの国で観測できます。
日本時間では午後2時10分前後から始まり、ピークを迎えるのは、14時30分〜40分前後です。14時50分前後には終わります。
残念ながら日本では金環皆既日食を見ることができません。ただ、部分日食なら日本でも一部の地域で観測できます。主に九州南部や四国南部、伊豆諸島、小笠原諸島など南の方の地域です。関東や関西などでも一部観測できる地域があります。

海外のライブ配信で見よう

2023年4月20日の金環皆既日食を見たいなら、海外のライブ配信がおすすめです。金環皆既日食が観測できない地域の人でも、リアルタイムで見られます。YouTubeでもライブ配信を予定しているチャンネルがあるので、ぜひ見てみましょう。

18年に1度の見るチャンスを逃さずに

金環皆既日食は、世界全体でも18年に1度くらいの頻度でしか起こりません。リアルタイムで見られるのは一生のうちでも数回しかなく、珍しいチャンスです。日本では観測することはできませんが、ぜひライブ配信でリアルタイムで見てみましょう。

インターネットを最大限楽しむには「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

「インターネット回線が遅い」
「インターネット料金が高い」
などのお悩みはありませんか?

安定した速度とリーズナブルな光回線なら、
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。

「ビッグローブ光」なら他社の光回線(フレッツ光・コラボ光)をお使いでもお乗り換えはかんたんです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

あなたにオススメ

T.A

IT系やスマホの話題から、転職や節約術まで幅広いジャンルで執筆を手がけるWebライター。デジタルモノが好きで、新しいガジェットやWebサービスなどには目がない。