LINEのトークにある画像が消える理由と保存方法

以前にLINEで送ってもらった写真を見てみようとトークを遡ってみたら、写真が表示されない……。なぜ消えてるの? 消えないようにするにはどうすればいい?

友人同士などで写真を送り合う際に、LINEを使うことは多いでしょう。しかし、しばらくすると、写真が表示されなくなることがあります。なぜ消えてしまっているのか困惑する人もいるかもしれません。本記事では、LINEで送った写真がトークから消える理由と、保存する方法を解説していきます。

画像は一定期間経過するとサーバーから消える

LINEで送受信した画像は、LINEのサーバーに一定期間保存されます。トークに表示されている画像は、LINEのサーバー上にあるものを読み込んだものです。
画像を送信してから一定期間が経過すると、サーバーから画像が削除される仕組みになっており、そうなるとトークにも表示されなくなります。サーバーでの保存期間は、LINEの方では特に公表はしていません。

また、保存期間が一律に決められているわけでもないようです。たとえば、以前は3週間表示されていたとしても、別のときにはもっと短い期間で消えてしまう可能性があります。

拡大表示した画像は端末内で表示可能

受け取った側が、届いた画像をタップして拡大表示すると、そのデータはスマホのキャッシュに保存されます。そのため、一度でも拡大表示した画像は、LINEのサーバーから削除された後でも、端末内で表示することが可能になります。

ただし、LINEのキャッシュを削除すると、拡大表示したことのある画像も見られなくなってしまうため注意しましょう。機種変更をした場合にも同様です。トークのバックアップでは、キャッシュの画像までは復元できません。

LINEで送ってもらった画像を保存する方法

では、LINEで送ってもらった画像をずっと見られるようにするためには、どうすればよいのでしょうか。それは、画像を開くだけでなく、きちんと保存しておくことです。方法は次の通りです。

ダウンロードする

画像を拡大表示してから、下の方にある下向きの矢印マークをタップすると、自分のスマホにダウンロードすることができます。ダウンロードしておけば、写真アプリを開くだけでいつでも表示可能です。

アルバムに保存する

一旦LINEのアルバムに保存した画像は、長期間経過してもサーバーから消えてしまうことはありません。後から追加や削除などの整理もできます。

LINEのアルバムに保存するときには、共有ボタンをタップし、「アルバム」の項目をタップしましょう。追加先のアルバムを選択すると、そこに保存されます。まだアルバムがない場合には、新規で作成しましょう。また、トークで表示されている画像をロングタップしてから「アルバム」の項目をタップすると、複数の画像を一度に選択可能です。

ただし、LINEアルバムはトークの相手と共有されるため、相手も中身を見たり整理したりできます。

ノートに保存

LINEアルバムに保存するのと同じ手順で「ノート」の項目をタップすると、ノートに保存できます。ただし、ノートの場合には、画像を整理することはできません。
また、LINEアルバムと同様に、ノートもトークの相手と共有されます。

Keepに保存

Keepに保存するときの手順もLINEアルバムやノートと同じです。ただし、Keepには合計1GBまでしか保存できません。また、基本的には無期限で保存できますが、1ファイルの容量が50MBを超える場合は、保存から30日経過すると消えてしまいます。Keepは他のユーザーと共有されることはありません。見たり整理したりできるのは自分のみです。

▲上の画像の赤丸のところをタップすると、Keepに保存した画像を見られます。

残しておきたい画像は忘れずに保存しておこう

LINEで送った画像は、一定期間経過すると、サーバーから消えて閲覧できなくなってしまいます。大切な画像は早いうちに保存しておくようにしましょう。

スマホの利用にも「ビッグローブ光」の光回線がオススメ!

スマホの通信量が足らずに、ギガ不足になっていませんか?
自宅でスマホを利用するときには、Wi-Fiで通信することで
スマホの通信量を節約することができます。

ご自宅でのWi-Fi環境導入には
IPv6接続(IPoE方式)*1で最大1Gbps*2の「ビッグローブ光」がオススメです。
工事費実質無料、おトクな特典もご用意しています。

 

*1 IPv6に対応していないサービス/サイトはIPv4接続となります。

*2 最大通信速度は光回線タイプによって異なります。最大通信速度はお客さまのご利用機器、宅内配線、回線の混雑状況などにより低下します。

 

あなたにオススメ

T.A

IT系やスマホの話題から、転職や節約術まで幅広いジャンルで執筆を手がけるWebライター。デジタルモノが好きで、新しいガジェットやWebサービスなどには目がない。