魚の購入は通販がおすすめ!取り寄せができるWEBサイト4選

皆さん、魚はどこで購入していますか?鮮度や味を重視するなら、おすすめは断然通販サイトです!魚の取り寄せができるサイトを紹介します!

皆さん、おうちで食べる魚は普段どこで購入していますか?
スーパーの鮮魚コーナー、と答える人が多いかと思いますが、ほかにも魚を購入できるところはあります。とくにおすすめなのが、市場や漁師さんから直送してもらえる通販サイトです。この記事では、魚の取り寄せができる通販サイトを厳選し、4つ紹介します。

WEBで魚を購入するメリットは?

「魚はスーパーで買えば良いし、別に通販で購入する必要はないのでは?」と思う方もいるかもしれません。確かに、思い立ったときにすぐ買いに行けるスーパーの鮮魚コーナーは非常に便利。ですが、通販サイトにはまた違ったメリットがあります。

鮮度の良い魚が手に入る

まず、通販サイトはスーパーと比べて産地から魚が早く到着する分、鮮度が良いことが多いです。

私たちが普段食べるスーパーの魚は、漁で水揚げされてからスーパーに到着するまでに、問屋や仲買業者が複数入っており、どうしても販売までに時間がかかります。通販サイトのなかには、水揚げした直後に魚を締め、最短で翌日に届けてくれるところもあるため、状態の良い魚が購入できます。

スーパーには並ばない魚種も購入できる

通販サイトでは、スーパーには並ばず、普段口にできない魚種も取り扱っています。漁獲量が少なく、馴染みのない珍魚に出会えることがあります。

丸ごと一匹買える

魚を丸ごと一匹購入できるのも、通販サイトならでは。スーパーでは、タイやブリなど大きな魚は切り身で販売されるのが一般的です。通販サイトでは丸ごと一匹の取り扱いや、旬の魚をミックスした「鮮魚セット」として取り扱っていることも多いです。新鮮な魚をたくさん食べられますし、アラや内臓まで余すことなく楽しめます。

魚の取り寄せができるおすすめWEBサイト4選

具体的に、魚の取り寄せができるおすすめのWEBサイトを4つ紹介します。どのサイトも特徴が異なるので、自分好みのものを探してみるのも楽しいですよ。

鮮魚まるごとも!高知の魚なら「高知かわうそ市場」

高知かわうそ市場は、高知県産の魚介類を主に取り扱う産直サイト。もともとは新型コロナウィルスの影響で打撃を受けた水産業者と消費者を直接繋ぐ目的で生まれた通販サービスです。

取り扱う商品は、鮮魚まるごと一匹や、食べやすい柵にされたパック、水産加工品などが主力となっています。高知県のブランド魚「須崎勘八(カンパチ)」を始め、料亭向けの高級鮮魚なども、おうちで楽しむことができます。毎月おいしい魚が届く「かわうそ定期便」もありますよ。

運営元 株式会社パンクチュアル
送料 商品によって異なる
公式サイト 高知かわうそ市場

北海道の魚介ならおまかせ!「北海道ぎょれん」

北海道ぎょれんは北海道特産の魚介を取り扱う通販サイトです。商品に並々ならぬこだわりがあり、北海道庁と連携し作成したマニュアルに基づき、徹底的な品質管理が行われています。鮭やホタテ、エビ、カニなど、北海道ならではの海の幸を自宅で楽しめます。

商品は切り身や干物など加工済みのものが多く、魚をさばくのが苦手な人や、調理に時間を確保できない人にもおすすめです。

運営元 北海道漁業協同組合連合会
送料 無料
公式サイト 北海道ぎょれん

漁師直送!「漁師さん直送市場(家庭用)」

漁師さん直送市場(家庭用)は漁師直送の「顔が見える」産直通販サイトです。近海の日戻り漁(その日のうちに帰港する漁)でとれた魚を、仲卸業者を通さず出荷するため、鮮度に定評があります。商品はどの漁師のものかひと目で分かるため「推し漁師」の応援もできます。

販売されている商品は魚のほか、貝類やカニなど、魚介系の生鮮品がメインです。魚は丸ごとの販売が多いため、自分でさばける人や、家族が多い家庭にとくにおすすめです。店舗向けに、大量購入が可能な業務用の姉妹サイトもあります。

運営元 株式会社バリューデータ
送料 商品によって異なる
公式サイト 漁師さん直送市場(家庭用)

鮮魚から冷凍惣菜まで、「ざこばの朝市」

ざこばの朝市は、大阪中央卸売市場で取り扱うもののなかから、厳選した商品をネット販売している通販サイトです。もともとは市場の卸売人が有志で始めた朝市イベントが前身となって始まりました。

商品は鮮魚から魚介加工品、冷凍の魚介総菜など非常にバリエーション豊富。普段の食卓のおかずから、贈答用まで幅広く利用できるサイトです。

運営元 株式会社三恒
送料 1配送990円~2,200円(配送先によって異なる)
公式サイト ざこばの朝市

秋~冬が旬の魚は?

せっかく通販サイトで買うのであれば、その季節に旬を迎える美味しい魚を食べたいですよね。そこで、秋~冬にかけて旬を迎える魚の一部を紹介します。

【ソデイカ】

イカというとヤリイカやスルメイカが有名ですが、ソデイカもよく食べられています。大型のイカで、冷凍品が通年出回りますが、秋から生のものが流通し始めます。お刺身や唐揚げ、煮物などさまざまな調理法に合いますよ。

【アカガレイ】
カレイの大型種で、比較的知名度が高い魚です。関東では一般的に流通しており、切り身がよく売られていますね。調理法としては煮物が有名ですが、通販で鮮度の良いものが手に入ったらぜひお刺身も食べてみてください。

【アンコウ】
高級魚の一種で、鍋料理の具材として有名です。新鮮なものは肝のほか、心臓などの内臓も食べられますので、見かけたら食べてみてください。鍋も絶品ですが、煮物やスープ、ソテーなど、加熱調理全般で美味しくいただけます。

【サワラ(サゴシ)】
サワラや、サワラになる前のサゴシは大衆魚で、通年流通しています。秋から冬が旬とされており、調理法を問わず美味しくいただけます。鮮度の良いものはお刺身が美味しいのでおすすめです。大型で新鮮なものは、白子や胃など内臓も食べられますよ。

【タラ】
こちらも秋冬の大衆魚の一つで、アンコウと並ぶ鍋料理の主役です。東北から北海道にかけてよく水揚げされるため、北の方の鮮魚セットに紛れ込んでいることもあります。鍋のほか、フライやホイル焼きなども美味しいですね。白子も美味しく、ムニエルなど焼いて食べたり、天ぷらにもできます。

産地の味を食卓に!気になる魚をチェック

「美味しい魚が食べたい」という方には、魚の通販サイトはおすすめです。丸ごとの鮮魚のほか、切り身や干物など加工品を取り扱っているところも多いので「さばくのはちょっと…」という方も安心です。興味のある方は、ぜひリンクからのぞいてみてください。

あなたにオススメ

いちはら

今日の晩御飯から不動産・転職までこなすマルチジャンルライター。Twitterでも活動中。Twitter:@IchiharaMakiwo