問い合わせ受付やアンケートも!Googleフォームを活用しよう

「問い合わせ窓口を簡単に設置できたら…」その悩み、Googleフォームで解決できます。Googleフォームの使い方と、便利な活用術を紹介します。

「Webサイトの問い合わせフォームを作りたい」「アンケートフォームを作りたい」こんなとき、ゼロから自分で作るのは大変ですし、スキルも必要です。

Googleでは、アカウントさえあれば簡単に入力フォームを作成できる「Googleフォーム」というツールを提供しています。簡単で無料、かつさまざまな使い方のできるツールですので、ぜひ一度お試しください。この記事で、基本のフォームの作り方と、公開方法を紹介します。

Googleフォームの基本の使い方

Googleフォームでのフォームの作成から公開、回答の確認まで、ひととおりの流れを見てみましょう。手順は以下のとおりです。

【フォーム作成の手順】
①Googleフォームの初期画面を開く
②フォームを作成する
③フォームを共有する
④回答を確認する

それぞれ、具体的な操作方法を確認してみましょう。

①Googleフォームの初期画面を開く

まず、インターネットブラウザを開き、Googleフォームのサイトにアクセスします。

個人で使用する「パーソナル」と、チーム利用のできる機能を追加した「ビジネス」があります。今回はパーソナルでの利用方法を紹介します。

「Googleフォームを使ってみる」ボタンを押すと、Googleフォームの初期画面に移動します。

PCからアクセスしている場合、Googleフォームのアカウントページに移動しますので、そこから新規作成画面に移動してください。

▲PC版の画面。右下に「+」マークの新規作成ボタンがある。

②フォームを作成する

新規フォームの作成画面に移動します。最初はタイトルエリアと無題の質問項目が一つだけなので、ここからカスタマイズを加えていきます。

フォームの詳しいカスタマイズ方法は後ほどあらためて紹介します。

フォームが完成したら、次に共有に移ります。

③フォームを共有する

「Googleスプレッドシート」や「Googleドキュメント」にも共通することですが、Googleフォームでは、変更内容は自動で保存されます。そのため保存ボタンなどは存在しません。カスタマイズが完了したら、いきなり共有してOKです。

フォームの共有方法として、以下の方法が用意されています。

  • リンクを取得する
  • フォームをメールで送信する
  • HTMLコードを取得しブログやWebサイトに埋め込む


いずれの場合も、画面右上の送信ボタンを押し、共有方法を選択できます。

④回答を確認する

アンケートに回答がくると、画面の「回答」タブに反映されます。

回答タブを選択すると「概要」タブから回答の集計が表示されます。「個別」を選ぶと、個別の回答内容が一つずつ確認できます。

フォームのカスタマイズ方法

Googleフォームには、さまざまなカスタマイズ方法が用意されており、フォームを自分に適した形にすることができます。Googleフォームで用意されているフォームのカスタマイズ方法は、画像のとおりです。


では、各機能の詳細を確認してみましょう。

セクション・タイトルの追加

質問が多い場合や、質問を複数のカテゴリに明示的に分類したい場合、タイトルやセクションの追加が便利です。

セクションを追加すると、回答時に1セクション1ページとしてページ分けができます。

▲セクションを分けページ遷移を挟む場合の回答側の表示

質問の追加

質問は、任意で追加・削除が可能です。回答方式にも多くのバリエーションが用意されており、編集側の画面では質問にどの方式を採用するか選択できます。

2021年11月現在、用意されている回答方式は以下の8種類です

①記述式(短文回答)


②段落(長文回答)

③ラジオボタン

④チェックボックス

⑤プルダウン

⑥均等目盛り

⑦選択式(グリッド)

⑧チェックボックス(グリッド)


画像・動画の追加

画像を追加する場合、編集メニューから「画像を追加」を選択します。画像は接続しているPCやスマホのローカルフォルダからアップロードできるほか、その場でカメラを起動し撮影したり、Web上の素材のURLを取得することも可能です。適した方法を選んでください。

動画については、現状YouTube動画の検索か、YouTubeのURL指定による挿入のみ可能となっています。使用したい動画がある場合、あらかじめYouTubeにアップロードしておく必要がありますので注意してください。

Googleフォームの便利な利用方法

Googleフォームは、手軽さと多機能さから、さまざまな利用方法を検討できます。具体的な活用例を紹介します。

アンケートとして利用する

Googleフォームは、アンケートとして多数の回答を得るのに向いています。

  • 8種の回答方式から適したものを選択できる
  • 回答は自動で集計される
  • リンクを共有するだけで回答を依頼できる

など、アンケートツールとして優れた点が多いためです。また、回答メニューから、受付のON/OFFを設定できるため、期日を設けたアンケートにも適しています。

情報収集目的のアンケートのほか、飲み会などグループ内イベントの出欠確認などにも活用できます。

問い合わせ窓口として設置する

Webサイトやブログにフォームを設置することで、常設の問い合わせ窓口としても利用できます。

▲共有リンクを取得しnoteに貼り付けたところ

HTMLのカスタマイズができる方であれば、フォームのHTMLパーツを取得し、埋め込むことで、フォームをそのまま表示することもできます。

共有リンクやHTMLのパーツは、画面右上の送信ボタンから取得できます。

テストとして活用する

Googleフォームでは、各質問に対する点数の設定が可能です。また、一度しか回答できないように設定できますので、これらの機能を活用すれば、テストの回答フォームとして使用できます。集計も自動で行なわれるため、必要であればテスト結果の分析も簡単に行えます。

GoogleアカウントがあればOK!今すぐ使ってみよう!

Googleフォームは、Googleアカウントさえあれば誰でも無料で利用できます。フォームのカスタマイズや共有も簡単なため、思い立ったらすぐに使うことが可能です。ぜひ活用してみてください。

あなたにオススメ

いちはら

今日の晩御飯から不動産・転職までこなすマルチジャンルライター。Twitterでも活動中。Twitter:@IchiharaMakiwo