Twitterの鍵垢(鍵アカウント)とは?メリットとデメリットを解説

Twitterを見ていると散見される「鍵垢(カギアカ)」という文字。「鍵垢」って何?鍵垢にするとどんなメリットとデメリットがあるの?解説しまーす!

Twitter(ツイッター)を見ているとたびたび目にする「鍵垢(かぎあか)」という文字。

「鍵垢の方のフォローはお断りします」なんて文言を見たことをあるけど、そもそも「鍵垢」ってなんだろう?何のためにあるんだろう?
何となく分かるけど、今さら人に聞きづらい……。

そんな人はこの記事、必読です!!

「鍵垢」とは「鍵付きアカウント」の略

「鍵垢」とは「鍵付きアカウント」の略で、Twitterで使われる非公開アカウントのことを指します。「垢」は「アカウント」の「アカ」を示す当て字で、漢字の持つ意味とは関係ありません。「鍵アカ」と略されることも多いです。

設定するとユーザー名の横に鍵マークがつくので、「鍵垢」と一般のアカウントとが見分けられます。

「鍵垢」(非公開アカウント)に設定すると、下記のようになります。

  • フォローされていないアカウントに対してはツイートが非公開になり、リプライ、「いいね」、リツイートもできなくなる
  • フォロー関係にないアカウントが「鍵垢」ユーザーにフォローリクエストを送り、承認された場合、そのアカウントにはツイートが公開され、相手からリプライや「いいね」をつけられる
  • 相互フォロー関係にあっても、「鍵垢」ユーザーのツイートをリツイートすることはできない

アカウントを「鍵垢」にするメリットは?

先述したように、「鍵垢」に設定すると、自分の発信したツイートはフォローをしている人だけが読み、リプライできるようになります。承認しないとフォローされないので、望まない人から勝手にフォローされるということもなくなります。

ツイッターは世界中とつながっているため、ふとしたツイートが拡散され、むやみやたらにさらされたり、「炎上」してしまったり、個人を特定されてしまったりなどのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

見知らぬ人との交流は不要だという人や、たとえ知り合いでも「仕事関係の人とSNSではつながりたくない」という人もいますので、不特定多数とのSNSでのつながりを求めていない人は、鍵垢にすることで、仲の良い特定の友人だけと気兼ねなく交流できるのがメリットです。

また、何気ないツイートが意図せず拡散してしまい、不特定多数のアカウントからのリプライやリツイートが急増してしまった人が、ほとぼりが冷めるまで一時的に鍵付きアカウントにする、という使い方もあります。

「鍵垢」のデメリットは何?

フォロワーを増やしたい人に鍵垢は不向き

安心・安全な場でTwitterが楽しめる「鍵垢」ですが、さまざまな人と交流したい人や、自分の作品やツイートを多くの人の目に留めてもらいたい人には不向きといえるでしょう。

また、ハッシュタグをつけて投稿しても反映されなくなるため、ハッシュタグの検索をしてもツイートは表示されません。話題のハッシュタグの投稿にも参加できなくなるので注意を。
さらに、企業公式アカウントなどが行う抽選イベントにも参加できないことが多いです。

鍵垢だけどフォロワーは増やしたい…という場合はどうすればいい?

「鍵垢だけど、気の合う人となら交流したい」という人は、プロフィール部分を充実させてみるのがおすすめです。

趣味や好きなアーティスト、「こういう人とつながりたい」といった趣旨を明確に記しておき、アイコンやアカウント名も印象的なものにすることなどで、数は少なくても地道にSNS上での交流を広げることができるかもしれませんよ。

あなたにオススメ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。