Amazon プライムに入ってからというもの、プライム・ ビデオやAmazon Music、Kindleなどのアプリを非常によく利用するようになりました。

そんな中、先日ふと「これだけAmazonサービス使ってるのに、Amazonの買い物のアプリって使ったことないぞ?」と思い、モノは試しにAmazonショッピング アプリをインストールしてみたところ、これがなかなかどうして便利ではないですか。

スマホのブラウザでAmazonを利用するよりも、アプリという特性により快適な買い物体験ができるようになってるのです。そこで当記事では、このアプリの良さを紹介していこうと思います。よくAmazonで買い物をされる方は、インストールするのをおすすめしますよ。

ブラウザとアプリの違いは?

Amazon ショッピングアプリが便利。なんで今まで使ってなかったんだろう

Amazonアプリは、ブラウザで開くAmazonのWEBサイトと見た目はほとんど変わりません。筆者のiPhoneでは、アプリのほうが商品画像が大きく表示されてはいますが、普段ブラウザでAmazonを利用している方であれば、まず使い方に迷うことはないでしょう。

では、変わらない見た目なのに、どうしてアプリのほうが便利なのか。それは、アプリだからできる、「振動」と「プッシュ通知」にあります。それでは詳しく見ていきましょう。

「振動」が操作性を高めてくれる

Amazon ショッピングアプリが便利。なんで今まで使ってなかったんだろう

アプリ上で、すこし重要なアクションを行ったとき、端末が振動することにより、そのアクションが実行されたのかどうかが直感的にわかるようになっています。
例えば、欲しい商品をカートに入れたときなどです。音ではなく、振動で伝えてくれるので、静かな場所であっても周りに気を遣うことがありません。

配送状況にライブ感、再配達を未然に回避できる場合も

Amazon ショッピングアプリが便利。なんで今まで使ってなかったんだろう

注文した商品の発送状況を、プッシュ通知で知らせてくれます。配送センターからの発送が済んだこと、自宅エリアの配送会社から本日のお届けに出発したこと、など。

これにより、受け取れないと分かった時点で「置き配」へチェンジをする、というアレンジができます。配達員さんに無駄足を踏ませてしまうことも減るわけで、この配送に関する柔軟な対応こそ、当アプリを入れる一番の意義だ、と感じました。

すべての配送で通知が来るわけではない

Amazon ショッピングアプリが便利。なんで今まで使ってなかったんだろう

ただ、なぜかすべての発送に対してこの通知が対応されているわけではないようです。同じAmazonでの注文でも、Fire 7を買ったときには通知が来ましたが、Amazon定期便でオムツの3パックセットを買ったときには通知が来ませんでした。

よって前者のFire 7の際は、受け取れないとわかった時点で「置き配」にチェンジをし、再配達を未然に防げましたが、オムツのときにはアプリからの通知が来ず、再配達を招いてしまいました。

担当する配送業者さんによって違うのか、荷物の大きさによるのか、はたまた定期便とそうでないものとで違うのかは、現状ではわかりません。

そうは言っても、アプリを入れて以降、3つの注文をし、2つの商品では発送通知を受取り、いずれも再配達を防げたので現状は満足しています。

最後に、ちょっとだけ不便な点とは?

さて、そんな便利なAmazonショッピングアプリですが、1つだけ気になる点がありました。それは、iPhoneで使っているブラウザ、Safariで欲しい商品を検索して、Amazonのページを開こうとした際にAmazonショッピングアプリが起動してしまうことです。

なぜ、これが起きるとイヤなのか。それは、前に見ていたページに戻ることができないためです。

Amazonで買うことが決まっていれば何も問題はないのですが、欲しい商品があって、安く売られているお店をSafariで探しているときには、検索結果から商品販売ページに移動して値段をチェックしては、また検索結果にもどる、という作業を繰り返して価格の比較をします。そんなとき、途中でAmazonの商品ページをタップすると、Amazonアプリが起動してしまい、検索結果に戻るという動作が阻害されてしまうのです。

Safariからさまざまな専用アプリが開くことはよくあることなので、筆者も基本的にはウェルカムなのですが、この価格比較の最中だけはちょっと煩わしさを感じてしまいました。

しかしながら、発送状況の通知は本当に便利ですし、再配達を減らして社会問題に微力ながら貢献もできるので、Amazonでよく買い物をするという方は一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Amazonの「ブランド名」、販売者ではないので気をつけて!
Amazonのセール、どれがオトク?プライム会員でなくてもOK?
誤って購入したAmazonプライム・ビデオを返金する方法とその際の条件とは?

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(215本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック