新iPhoneを購入する前に知っておきたい、iOS9で強化される機能と新機能

新しいiPhoneの発売が近づいてきました。
「機種名はiPhone 6sになる」とか、「ディスプレイが小さいiPhone 6cが登場する」など、さまざまなリーク情報が広まっていますが、2015年8月現在、いずれも真偽は定かではありません。
正式に発表される情報を楽しみに待ちたいところですが、おそらく例年通り、9月初旬に発表されて、9月内に発売されるのではないかと予測されます。

新しいiPhoneには「iOS 9」という新しいOSが搭載されます。これは、今年6月にアップルが開発者およびメディア向けに開催したイベント「WWDC」で概要が明らかにされています。iOS 9は、iPhone 4s以降のiPhoneもアップデートの対象となります。

すでにiPhoneを使っている人にとっては、新しいiPhoneに機種交換するべきか、それとも、いま使っている機種をiOS 9にアップデートして使い続けるべきか・・・その検討も必要です。
iOS 9のiPhone向けの新機能や進化点を予習して、どちらにすべきかを、そろそろ考え始めてもいいでしょう。

iOS 9は検索機能が強化される

iOS 8では、ホーム画面のアイコンがない個所を下方向にスワイプすると「Spotlight検索」の画面が表示されます。iPhoneに登録して連絡先や、インストールしてあるアプリなどを素早く探せる機能ですが、これがiOS 9では、より使いやすくなります。

検索画面を表示すると、よく電話をかける連絡先や、よく使うアプリなどが、あらかじめ表示されるようになります。使用頻度が高い連絡先やアプリが呼び出せるだけでなく、ユーザーの利用履歴を分析し、例えば、朝に検索しようとした場合は、朝によく使うアプリが表示されたり、ユーザーがいる場所の位置情報に基づいて、そこで役立つ情報が表示されたりするようになります。
ユーザーの行動を先読みしてくれる機能、と言ってもいいでしょう。

新iPhoneを購入する前に知っておきたい、iOS9で強化される機能と新機能

「Siri」は、さらに賢く進化

OSがアップデートするたびに進化を続けている「Siri」も、さらに使いやすくなります。
「5月にハワイで撮った写真を見せて」と話して「写真」アプリ内を検索することや、メールやメモなどをチェックしていて、忘れてはならないことがあった場合に、「今日の夜にこれを思い出させて」と話して、リマインダーに通知予約を付けて登録するといったこともできるようになります。また、先に紹介した新しい検索機能もSiriと連携し、さまざまな情報を話すだけで探し出せるようになります。

メモの使い勝手が大幅に向上

見聞きしたことや思いついたことなどを入力できる標準アプリ「メモ」の機能が大幅に拡張されます。手書き入力に対応し、画面を指でなぞって文字を書いたり、地図を書いたりできるように。メモから写真を起動して、撮った写真をメモとして保存することも。さらに、WebページやマップのURLを簡単に貼り付けられるようになります。

済ませた用件にチェックを付けられるチェックリスト機能も追加されます。例えば、その日にやるべきことをリスト化しておいて、完了したものにはチェックを入れて、ひと目でわかるようにできる仕組み。「リマインダー」でも同様の使い方ができなくはありませんが、買い物リストや、旅行の準備に必要なものを書いたりするには「メモ」のほうが使いやすいはずです。

新iPhoneを購入する前に知っておきたい、iOS9で強化される機能と新機能

▲アップルのイベント「WWDC」での様子

新iPhoneを購入する前に知っておきたい、iOS9で強化される機能と新機能

▲メモ(Notes)では手書き入力が可能に!

新たに「News」アプリが登場

ユーザーの興味や嗜好に合ったニュースを閲覧できる「News」というApple純正アプリが追加されます。WWDCで発表された情報から推測すると、「グノシー」や「SmartNews」「Antenna」のようなキュレーション型のニュースアプリになりそうです。ただし、当初は、アメリカ、イギリス、オーストラリア向けに提供されるとのことで、日本で利用できるようになるまでには少し待つ必要がありそうです。

新iPhoneを購入する前に知っておきたい、iOS9で強化される機能と新機能

新iPhoneを購入する前に知っておきたい、iOS9で強化される機能と新機能

▲新アプリ「News」のイメージ画像

「マップ」の新機能は、海外旅行時に重宝

「マップ」には「交通機関ビュー」という機能が追加されます。これは世界の一部の都市で、マップ上に電車やバスの路線を表示でき、地下鉄の入り口やバス停の位置までわかる機能。さらに、現在地で「食べる」「買い物」「遊ぶ」などの周辺施設の検索もできるようになります。残念ながら、東京など日本の都市への対応は未定ですが、海外旅行に出かけた際には役に立ちそうです。

新iPhoneを購入する前に知っておきたい、iOS9で強化される機能と新機能

新iPhoneを購入する前に知っておきたい、iOS9で強化される機能と新機能

▲マップには電車やバスの路線図までが。東京も対応が待たれる!

セキュリティもより強固に

iPhoneに保存した情報を守るためのセキュリティ機能も強化されます。指紋センサー「Touch ID」を有効にした場合のパスコードは、従来は4桁の数字がデフォルトでしたが、これが6桁になります。また、同じApple IDを利用する他のデバイスを使う場合に、確認コードの入力が求められる二重認証にも対応します。これは、ビジネスでiPhoneを使っている人には、うれしい進化と言えるでしょう。

まだまだある! iOS 9の進化点

充電にかかる時間が短くなり、バッテリーが長持ちするようになることも予告されています。機種によって、どの程度の効果が得られるかは未知数ですが、「Apple WatchやApple Musicを使い始めてからバッテリーの減りが早くなった」と感じている人も多いようですし、期待しておきましょう。

また、日時が明記されたメールを受信した場合に、その予定をすぐにカレンダーに登録するように提案されたり、連絡先に登録していない番号から着信した場合に、その番号が過去に受信したメールに載っているか否かが参照されたり、便利さをさりげなく実感できそうな機能も追加されます。

新iPhoneを購入する前に知っておきたい、iOS9で強化される機能と新機能

いまAndroidのスマホを使っている人がiPhoneに乗り換える場合に、連絡先や写真、ブックマークなどをワイヤレスで移せる「iOSに移動」アプリも利用できるようになります。スムーズに利用できるのか、移行できないデータはあるのかなど、実際に使ってみないとわからない面もありますが、iPhoneへの機種変更を考えている人には役立つ機能になるかもしれません。

新iPhoneを購入する前に知っておきたい、iOS9で強化される機能と新機能

新しいiPhoneのスペックがどれほど進化し、どのような新機能が追加されるかは、まだわかりません。しかし、iOS 9の新機能だけで満足できそうであれば、まずは、いま使っているiPhoneをアップデートして、しばらく使い続けてみてはいかがでしょうか? 実際にiOS 9にアップデートしてからわかる隠れた新機能もあるかもしれませんよ!

9/16 追記

iPhoneを格安SIMで使用してしている場合、iOS 9にバージョンアップすると、従来のAPNプロファイルでは通信できなくなる可能性があります。バージョンアップする前に、MVNO各社のサイトにて「APN設定プロファイル」が更新されていないかを確認してください。→ 各社の対応状況

BIGLOBE SIMをご利用の方は、「BIGLOBE LTE・3G」 iPhone用設定ファイル 再インストールのお願い を参照のうえ、続設定ファイル(APN設定プロファイル)を再インストールしてください。
]
▼BIGLOBEモバイルの公式サイトは・こちら
※2015年9月時点の情報です。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

ピックアップ

村元正剛(むらもとまさかた)

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し続けているITライター。編集プロダクション「ゴーズ」を率い、雑誌、Webなどにさまざまな記事を寄稿している。趣味は演劇鑑賞と中国ウォッチング。

記事(39本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック