花火大会やお祭りなど、夏のイベントを華やかに盛り上げてくれた浴衣(ゆかた)。
着たはいいものの、どのように洗ったりしまったりすればよいのかわからない人も多いのでは? きちんとお手入れして、来年もキレイに使えるようにしましょう。

浴衣って洗っていいの?

浴衣は基本的に自宅で洗えるものが多いですが、洗えないタイプのものもあります。事前に洗濯表示をチェックしておきましょう。よくわからない場合はクリーニングに出すのが無難です。
どちらにせよ、一度着た浴衣は、汗などの湿気を含んでおり、長期間放置しておくとカビや変色などの原因になります。しまう前に、一度洗っておくのをおすすめします!

浴衣の手洗い方法

浴衣を自宅で洗う場合、洗濯機ではなく手洗いがおすすめ。

 1.水を張り、おしゃれ着用洗剤を少し投入した洗面器に畳んだ浴衣を入れ、30分ほど置く。
  ※このとき、お湯を使うと色落ちしやすいのでNG!

 2.全体を押し洗い。シミなどがある場合は直接洗剤を付け、揉み洗いをする。
  ※強くもみ過ぎると生地が傷むので注意!汚れが取れない場合はクリーニングへ。

 3.水を取り替え、しっかりすすぐ。

 4.畳んだまま洗濯ネットに入れ、洗濯機で1分弱脱水する。

 5.着物ハンガー(和装ハンガー)に掛け、手でシワを伸ばし、日干する。
  ※ずっとハンガーにかけておくと型崩れしてしまうので、1日程度でしまうこと。

「着物ハンガーなんて持ってない!」という人は、クリーニング屋さんでもらえる針金ハンガーに、突っ張り棒をヒモでくくりつければ自作可能です♪ また、100円ショップでも売っているものがありますよ。

意外とカンタン?浴衣の畳み方

浴衣を畳むのは難しそうな気がしますが、浴衣は直線縫いなので、着物ほど神経質にならず、基本的に縫い目どおりに畳んでいけばOKです。両側の襟や袖がズレないように、キレイに揃えるのがポイント。

左右の袖を合わせて内側に折りたたみ、袖を身頃側に倒して細長い長方形に。さらに裾部分を折り返してコンパクトにまとめます。このとき、二つ折りか三つ折りのどちらでもOK。袖の途中で折ると、着るときにシワになってしまうので注意しましょう。

湿気を避けて保管しよう

浴衣はしっかり乾燥させた後、たとう紙で包み、棚の上段に収納すると湿気によるカビも防げます。上に物を置くと、しわや型崩れにつながるのでご注意を。乾燥剤を一緒に入れておくと安心ですよ。たとう紙の代わりに100円ショップにある「着物収納袋」も使えます。

浴衣をキレイに保つポイントは、汚れをしっかり落とすことと、湿気をふせぐこと。来年の夏まで大切に保管しましょう。

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(188本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事