2015年末から格安スマホ市場に登場した「Windows Phone」。iPhoneやAndroidと同じスマートフォンとはいえ、その違いにピンと来ていない人も多いのでは? 続々とコンシューマー向けの端末が登場し始めたいまのうちに、さくっとおさらいしておきましょう。

搭載OSは「Windows 10 Mobile」

iPhoneは「iOS」、Androidスマホは「Android」というOSを搭載しているのに対し、Windows Phoneは「Windows 10 Mobile」というOSを搭載しています。

これは、マイクロソフトの最新OS「Windows 10」のスマホ版です。



すでにパソコンでWindows 10を使っている人にはお馴染みのさまざまな機能が、スマホでも使えるのが最大の魅力といえます。

パソコンとスマホで同じアプリが使える

Windows 10では、あらゆるWindows端末での利用に対応した「ユニバーサルアプリ」が用意されています。たとえば、「Microsoft Office」がその一例です。



Windows Phoneにパソコンと同じアプリをインストールしておくことで、パソコンの作業の続きをWindows Phoneで、Windows Phoneの作業の続きをパソコンに引き継ぐことができます。

外部ディスプレイにつなげばパソコンのように使える

Windows 10 Mobileには、「Continuum(コンティニウム)」という機能があります。これは、スマホを外部ディスプレイに接続すると、アプリの表示を接続先の画面サイズに合わせて切り替えてくれる機能です。



キーボードやマウスをつなげば、タッチUIだった画面がキーボード操作用の仕様に切り替わるなど、いろんな状況で使えます。

パソコンと同じライブタイルを採用

Windows 8以降のOSで採用されている「ライブタイル」。



アプリが起動していないときでも、スタート画面でニュースや天気、メールなどの最新情報を表示できるこの便利なインターフェースが、Windows Phoneにも採用されています。


標準ブラウザとして「Microsoft Edge」を搭載

パソコン向けのWindows 10と同様、標準のウェブブラウザに「Microsoft Edge」が採用されています。



スマホで登録したお気に入りのサイトをパソコンでも共有できたり、オンラインの記事を読みやすいレイアウトで表示できたりするのが特徴です。

音声アシスタント「Cortana」で操作をサポート

Windows 10の注目機能のひとつ「Cortana(コルタナ)」は、Windows Phoneでも利用できます。



検索ボタンを長押ししてCortanaを起動し、してほしいことを話しかけるだけで、電話をかける、カレンダーを確認する、メールを送るなどの操作が可能です。


スマホをパソコンのように使いたいユーザーや、ビジネスマシンとして使いたいユーザーにとって、Windows Phoneは今後のスマホ選びの大きな選択肢のひとつになりそうです。価格帯は1万円台で買えるものから5万円台で買えるものまでさまざま。すでにスマホを使っている人であれば、"2台目"としてWindows Phoneを使うのもいいかもしれませんね。

ピックアップ

今西絢美(いまにしあやみ)

編集プロダクション「ゴーズ」所属の三十路女史。スマートフォンなどのデジタルガジェットを中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。食べ歩きネタと”嵐”のチェックはライフワーク。

記事(64本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事