今年もやってきました、年賀状作成の季節です。過去数年に渡り、Wordでの年賀状作成をご紹介してきましたが、今回は心機一転、Google スライドを使った年賀状作りをご紹介します。


専用ソフトがなくても、自宅やオフィスで1つのファイルを編集し続けることができて、とっても便利ですよ!

そもそもGoogle スライドって何?

Google スライドとはウェブブラウザで利用できるパワーポイントのようなものです。

主な特徴を以下に記します。

・ブラウザベースのパワーポイント
・Googleアカウントさえあれば無料で利用できる
・ソフトのインストールが不要
・パワーポイントと操作感が似ている
・いちいち保存をしなくてよい(自動保存される)
・自宅でも職場でも作業を継続できる
・他人と共有して一緒に作業ができる

パワーポイントを使ったことがある方ならほぼ迷わず操作ができると思いますが、使ったことがない方のためにも、丁寧に図解入りで説明しますのでご安心ください。

事前準備:無料素材を集める

まずは、年賀状ACというサイトで無料素材を探します。

このサイトは会員登録するだけで、たくさんの年賀状のテンプレートや素材をダウンロードすることができます。

今回は扇子をあしらったテンプレート酉年のイラストをそれぞれ1つずつダウンロードしました。

ちなみに、ダウンロードする際のファイル形式はPNGでダウンロードしましょう。
PNG形式は、画像上で何も存在しないところが「透明」になりますが、
JPGだと何もないところは「白」で表現されます。複数の素材を重ねる場合、JPGでおこなうとその「白」が邪魔になるため、PNGを用いる必要があるのです。

ステップ1:Google スライドにアクセス

Google スライドにアクセスし、ログインします。
※以降はGoogle chromeでの作業画面です

ステップ2:「+」ボタンを押し、新規作成画面に移ります。

右下にある「+」ボタンを押して、新規作成画面に移りましょう。

ステップ3:名前をつけておきましょう

「無題のプレゼンテーション」となっているところを好きな名前に変更しましょう。
ここでは「年賀状2017」としました。

ステップ4:ページ設定を、ハガキサイズに変更します。

「ファイル」⇒「ページ設定」をクリックします。

「ワイドスクリーン」のプルダウンから「カスタム」を選びます。

ハガキのサイズである、横:10.7cm、縦:15.4cmを入力してOKを押します。

ステップ5:ダウンロードしたテンプレートを読み込みます

ハガキサイズになったところで、まずは、ダウンロードしたテンプレートを読み込みましょう。
※ダウンロードしたファイルを作業領域にドラッグするだけで簡単に読み込むことができます。

ステップ6:好きな写真を組み合わせる

今回ダウンロードした扇子のテンプレートはふたつの穴に好きな写真を組み合わせることができます。

そこでお気に入りの写真をこのスライドに読み込みます。穴は2つあるので、2枚読み込みましょう。

ステップ7:写真の位置を調整する

読み込んだ写真のサイズと位置を調整します。

このとき、奥に隠れてしまった扇子の丸の位置を確認するためには、

扇子のテンプレートを右クリックし、「順序」⇒「最前面へ」をクリックします。

すると、

このとおり、写真がくりぬかれたように表示されます。
これでもすでに立派な年賀状ができた気持ちになりますよね。

ステップ8:年号を入れる

もう少し工夫を加えたいので、年号を入れることにしました。

「テキストボックス」を選択し、作業領域にテキストボックスを配置したら、

「2017」と入力します。

そして、その「2017」の文字を選択し、「書体」と「サイズ」と「色」を変更します。

ステップ9:さらにアレンジ! イラストを年号に組み合わせてみる

せっかくダウンロードしたイラスト素材を使いたかったので、さらにひと手間加えてみましょう。
「2017」の「0」の部分を消し、酉年風のイラストをあてがいたいと思います。

図形の挿入方法と色の調整方法は下記を参考にしてください。

図形の入れ方

「図形」⇒「楕円」を選びます。

そして、好きな場所にドラッグで図形を描き入れます。

図形の「塗り」と「線」の調整方法

図形の「塗り」や線の「色」や「太さ」は上記の場所でそれぞれ調整が可能です。ここでは「線なし」の「白塗り」としました。

イラスト素材を「丸」に載せて位置を調整する

ダウンロードしたイラストを丸の上に載せます。
バランスを見ながら、イラストのサイズと位置を調整しましょう。

ついに完成! その出来栄えは?

はい、これで年賀状の出来上がりです!
最後に加えた「0」の部分のアレンジが、鳥の卵のようにも見えて干支の世界観にもピッタリ!
30分もかからずに作った割には、この完成度に満足です。

印刷するには? PDFでダウンロードしよう。

このGoogle スライドは各種ファイル形式でダウンロードすることができます。

印刷には、PDFでのダウンロードがおすすめです。
JPGやPNGよりも印刷時の品質が保てると思います。

自宅でもオフィスでも作業を継続できる!

いかがでしたでしょうか。

無料素材とGoogle スライドをつかえば、専用のソフトがなくてもこんなにも凝った年賀状を作ることができます。

また、Google スライドはブラウザでの作業となるため、場所を選びません。

自宅で作りかけのものを、職場での昼休みに引き続き作業をする、なんてことも可能です。これから年賀状を作るという方は、ものは試しに、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(136本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック