メモリやマウスなど、パソコンの周辺機器を接続するために普段何気なく使っているUSBですが、現在販売されている商品には、主に「USB2.0」と「USB3.0」の2種類の規格があるのをご存知でしたか?

ここではその違いや特徴をご紹介します!

「USB3.0」って「USB2.0」と何が違うの? その見分け方は?

「USB2.0」と「USB3.0」の違い

「USB2.0」と「USB3.0」で大きく異なるのは、データの転送速度です。

「USB3.0」って「USB2.0」と何が違うの? その見分け方は?

規格値では「USB2.0」の480Mbpsに対し、「USB3.0」は5Gbps(5000Mbps)。bpsというのは、1秒あたりに転送できるビット数の単位を指しており、理論上「USB3.0」は「USB2.0」に比べて約10倍の速度でデータを転送することが可能です。

しかし、これはあくまでも理論値。実際は「USB2.0」の2倍~3倍程度の転送速度といわれています。とはいっても、データ転送の待ち時間が1/2になると、体感速度ではかなり早く感じます。

「USB2.0」と「USB3.0」の見分け方

「USB2.0」と「USB3.0」の見分け方ですが、パッと見でわかります。

下の写真は「USB3.0」のケーブルで、左がAコネクタ(パソコンに挿し込む端子)、右がBコネクタ(機器側に挿し込む端子)です。大きな特徴としては、

  • Aコネクタ:内側の色が青い
  • Bコネクタ:形が2段の台形に似た形で、「USB2.0」と異なる

の2点が挙げられます。

iBUFFALO USBケーブル 3.0対応 A-TYPE:USB3.0-B-TYPE 1m ブラック BSUAB310BK「USB3.0」って「USB2.0」と何が違うの? その見分け方は?

Aコネクタ(写真左側)は、よく見ると「USB3.0」のAコネクタは奥側のピン数が「USB2.0」より多くなっています。

自分のパソコンに備わっているUSBが「USB3.0」かどうかは、同様にUSBポート内が青いかどうかで判断できます。USBポート内が青ければ「USB3.0」です。

「USB3.0」を使うにあたっての注意点

「USB3.0」はその転送速度の速さから、特に外付けHDDを使ったパソコンのバックアップやファイルの移動など、大容量のデータを転送する時に役立ちます。

しかし、その転送速度を最大限に利用するためには、パソコンや接続機器が「USB3.0」に対応しているかどうかが重要となります。「USB3.0」を使う場合には、以下のことに注意しましょう。

転送速度を活かすにはパソコン・周辺機器・ケーブルすべての「USB3.0」対応が必要

使っているパソコンのUSBポート(ケーブルのAコネクタを接続する部分)を見て、中が青ければ「USB3.0」対応、黒ければ「USB2.0」対応となります。

パソコンが「USB3.0」対応であっても、ケーブル、接続先の機器(外付けHDDなど)が「USB3.0」に対応していないと、本来の転送速度はでません。

「USB2.0」対応パソコンにも「USB3.0」対応機器は接続可能。しかし転送速度は遅い

もし、ご自身のパソコンが「USB2.0」対応のものであっても、パソコンに挿し込むAコネクタの形は同じで互換性があるため、「USB3.0」対応機器の接続自体は可能です。ただし、この場合も「USB3.0」本来の転送速度はでません。

今後発売されるパソコンは、「USB3.0」搭載モデルが一般的になっていきますので、これから購入する周辺機器は「USB3.0」対応のものを揃えていくのがおすすめです。

「USB3.0」のケーブルは、「USB2.0」のBコネクタには接続できない

パソコンと周辺機器を接続するUSBケーブルを新たに購入する際は、細心の注意が必要です。周辺機器に挿し込むBコネクタの形状が異なるため、「USB3.0」用ケーブルは「USB2.0」機器に挿せません。

USB3.0の高周波ノイズが、2.4GHz帯(Wi-Fi, Bluetooth)に干渉する恐れがある

外付けハードディスクなどをUSB3.0で接続していると、Wi-FiやBluetoothが遅くなるともいわれています。
検証サイトでは、アンテナ付近にUSB 3.0機器を置くと、Wi-Fiの速度が半分から1/3程度になった、というデータもでています。

USB3.0で外付けハードディスクを繋げる際は、なるべくパソコン本体から遠くに置いた方がよさそうです。


とはいえ技術の進歩とともに、規格は変わっていくもの。新規格のメリットを知った上で、機器との接続や旧規格との互換性などに注意して、使いわけたいですね。

SDカードの種類と転送速度(読込速度)、正しい選び方とは?

ミニアンケート

この記事の評価をお聞かせください!

ご回答ありがとうございました。

この記事や、その他のご意見ご要望を
アンケートページでお聞かせください。

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(94本)を見る

  • IBA_BIGLOBEスマホ(LG)

Twitterでつぶやかれている記事

  • Twitterで最新&注目記事をチェック
  • Facebookで最新&注目記事をチェック
  • Google+で最新&注目記事をチェック
  • メルマガで最新&注目記事をチェック

おすすめサイトの新着記事