Amazonプライム会員になってからというもの、その特典であるAmazonプライム・ビデオで映画やドラマを堪能するようになりました。

年会費3,900円とあって最初は躊躇しましたが、WOWOWや民放のドラマなんかもラインナップされており、年会費分だけの恩恵は十分受けられる、と感じました。

Amazonプライムについてはコチラから
▼有料でもこんなにお得!Amazonのプライム会員になる10のメリット
(2016年6月の記事です)

主にスマホアプリで観ていたのですが、最近、アクション映画は大きい画面で観たいなぁと思うようになり、この度、その欲望を叶えてくれる「Fire TV Stick」に出会ったのです。

「Fire TV Stick」とは?

Fire TV Stickパッケージ

Fire TV Stickとは、Amazonの紹介文から引用すると「HDMI端子対応のテレビに挿すだけで、簡単に映画やビデオをテレビの大画面で楽しめるデバイス」のこと。

Fire TV Stick

HDMI端子のあるTVに接続すれば、さまざまな対応コンテンツを自宅のTVで観ることができます(要インターネット回線、Wi-Fi接続)。

対応コンテンツを例に挙げると、

  • Amazonビデオ、Amazonプライム・ビデオ
  • Hulu
  • Netflix
  • YouTube
  • AbemaTV
  • DAZN
  • dTV

などです。
なかでも、Fire TV Stickを導入してからというもの「Amazonプライム・ビデオ」と「YouTube」をとても観るようになりました。

その理由は、これからお話する「Fire TV Stickを買ってよかった点」を見ていただければわかると思います!
それではいってみましょう。

TVの大画面でAmazonプライム・ビデオを楽しめる。

Fire TV Stick

「Amazonプライム・ビデオ」のTV画面

Amazonプライム会員なら無料で観られるのが「Amazonプライム・ビデオ」。邦画・洋画・国内/海外ドラマ、そしてAmazonオリジナルコンテンツもあり、どれから観ようか迷いに迷ってしまうほど、そのラインナップは充実しています。

「バチェラー・ジャパン」という恋愛バラエティ番組があったのですが、妻とともに「誰がいなくなっちゃうんだろう」なんて予想しながら毎回ドキドキして見ていました。

また、WOWOWの過去のドラマもラインナップされています。社会派の本格ドラマが多く、ワンシーズンは5〜6話で完結。「この人、犯人ぽいよね〜」などと予想しながら、ときには全5話を1日で見切ってしまうことも......。

TVという大画面で観るれるようになったため、「家族と一緒に楽しむ」という利用シーンがFire TV Stickのおかげで生まれたのです。

リモコン操作が楽チン。音声検索も優秀。

Fire TV Stick

付属の専用リモコンの操作性もとても良いものです。
シンプルなボタンですが、10秒だけ早送り・巻き戻しができたり、早送り・巻き戻しの速度も段階的に変えられます。

また、音声検索にも対応しており、リモコンに向かって「WOWOWドラマ」と話しかけると、WOWOWで放送されていたドラマがすぐに見つかります。

Fire TV Stick

かねがね、「リモコンでのキーワード入力って面倒だなぁ」と思っていたのですが、そのわずらわしさを一気に解消してくれました。

好きな俳優や監督名を音声検索したりとよく使っています。

YouTubeをめちゃくちゃ観るようになった。

Fire TV Stick

「YouTube」キャプチャ画面

Fire TV Stickを挿したおかげで、我が家のただのTVでもYouTubeを観られるようになりました。

Fire TV Stick内にYouTubeアプリがインストールされており、このアプリがYouTubeを「流し見」するにはもってこいだったのです。

「エクストリームスポーツ」を流し見

Fire TV Stick

「YouTube」キャプチャ画面

自分はスノーボードやスケートボードの映像を観るのが好きなのですが、一つ動画を再生すれば関連する動画が次から次へと流れていってくれます。

次に再生する動画を選ぶ必要がなく、リビングにおけるバックグラウンドムービーとして大変役立っています。

「懐メロ」をみんなで流し見して盛り上がる

Fire TV Stick

「YouTube」キャプチャ画面

また、もう一つの楽しみ方として、同世代の友人が我が家に集まったときには「懐メロ」のプレイリストをひたすら流したりもします。

スピッツ、ミスチル、槇原敬之、スチャダラパー、サザンオールスターズ、安全地帯、辛島美登里、マドンナ、ジャミロクワイ......などなど青春時代に聞いたあの曲たちが次々に流れていき、イントロと同時に「あー、懐かしい!」「マッキー超若い!」「この曲ってこんなPVだったんだ」なんて盛り上がります。次になんの曲くるんだ?、というワクワク感もあり、この楽しみ方は本当にオススメですよ!

2017年の我が家の大革命アイテム

Fire TV Stick

ということで、いかがでしたでしょうか。

Amazonプライム会員で、プライム・ビデオを楽しんでいる方も多くいらっしゃると思います。もし、スマートフォンで観ているだけでしたら、ぜひこのFire TV Stickを購入してみてください。

大画面でプライム・ビデオを観られるだけでなく、YouTubeや他の動画コンテンツも楽しむことができ、値段以上の価値はあると思いますよ!

関連記事

Amazonの「ブランド名」、販売者ではないので気をつけて!
いまさら聞けない!Amazonほしい物リストの使い方をおさらい
1時間で配達!Amazonプライムナウで生鮮品や冷凍品も!

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(139本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック