筆者が使っているパソコンは、MacBook Air。薄くて軽くて持ち運びには便利なんですが、CDドライブが付いていないんです。つまり、CDの音楽を取り込んだり、パソコン内のデータをCDに焼いたりできないんですよ。

最近は、音楽も"配信"が主流。でも、iTunes Storeでは配信されない楽曲もあるし、特典目当てでCDを買いたいってこともありますよね。また、節約のために、レンタルCDを利用したいという人も多いのではないかと思います。

そこで、おすすめしたいのがコレ! 「T Air」(11,800円/税別)という製品です。ちなみに、大きさはこれくらい。

使い方は簡単。スマホに専用アプリ「T Air」(無料)をインストールして、T AirとWi-Fiで接続。iPhoneの場合は、Wi-Fiルーターがなくても、iPhoneとT Airをダイレクトに相互接続できます。Androidの場合は、機種によって差があり、Wi-Fiルーターを経由したり、USBケーブルが必要な場合もあるそうです。と言っても、わかりやすい説明書が付いているので、迷うことはないと思います。

準備ができたら、T AirにCDをセット。

アプリのメニューから「CDを取り込む」を選択したら、スマホへの取り込みがスタートします。



筆者は、これといった設定はせずに、購入したままの状態で使っていますが、取り込む音質を変えることもできます。iPhoneの場合、「ロスレス圧縮」での取り込みも可能です。



取り込んだ曲は、専用アプリで再生できます。再生中に歌詞を表示できることも、気に入っているポイントです。すでにスマホに入っている音楽も、このアプリで再生できるので、メインで使う音楽アプリとして一本化できちゃいます。



筆者は使っていませんが、T Airからスマホに取り込んだ音楽を、逆に、CDに録音することもできます。CDをレンタルして、スマホだけでなく、CDプレーヤーなどでも聴きたいという人にも重宝すると思いますよ。

十分に満足して使っていたT Airですが、2016年2月から、うれしい新しい機能が追加されました。なんと、DVDも見られるようになったんです!



それには「T Air for DVD」という別のアプリ(120円/※2015年2月3日現在)が必要で、それをスマホにインストールしてから、画面の案内に従って、T Air本体のファームウェア(ソフトウェア)を更新する必要があります。



その後は、簡単な操作で、T AirにセットしたDVDをスマホで見られる仕組み。もちろん、字幕の表示にも対応しています。



映像データをスマホに取り込むのではなく、ストリーミングで再生する仕組みですが、ベッドに寝転びながら映画を観たいときなどに役立ちそうです。最近の音楽CDって、特典としてライブやミュージックビデオのDVDが付いていることが多いんですよね。そのDVDもスマホで見られるんです。気になる人は、TSUTAYAや蔦屋書店、蔦屋家電に行ったときにチェックしてみてくださいね!

ピックアップ

村元正剛(むらもとまさかた)

iモードが始まった1999年からモバイル業界を取材し続けているITライター。編集プロダクション「ゴーズ」を率い、雑誌、Webなどにさまざまな記事を寄稿している。趣味は演劇鑑賞と中国ウォッチング。

記事(39本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事