室内の気温が上昇する夏は、熱によってパソコンの電源が急に落ちてしまうなどの「熱暴走」が起こりやすい環境になります。作業が中断したり、大事なデータを失ってしまうことも・・・。いざというときに困らないための予防策をご紹介します。

パソコンの「熱暴走」って何?

パソコンは精密機器であり、使用時には無数の配線に電気が流れている状態です。
夏の気温上昇により室温が上がると、パソコン自体の温度も上昇して電気の流れが滞ったり、CPUが故障を防ぐために動作を停止し、突然電源が切れたり、勝手に再起動したり、エラーが頻発したりという現象が起こります。これがいわゆる「熱暴走」。そのまま使い続けていると、故障に至ることもあるので注意しましょう。

熱暴走予防策1「室温を下げる」

熱暴走を防ぐ基本中の基本が、室温を下げること。部屋の温度が高いほどパソコンの温度も上がり、放熱が間に合わず熱を持ちやすくなります。「電気代がもったいない」とエアコンをつけるのを我慢していると、パソコンの修理代の方が高くつくはめになるかも・・・。
パソコンが熱いと感じたら、扇風機をパソコンの側面などにピンポイントで当てると温度が下がりやすくなります。

熱暴走予防策2「ファンを掃除する」

パソコンに内蔵されているファンをきれいにすると、換気効率が上がって放熱を助けます。ホコリやゴミが絡みついていると熱を持ちやすくなるので、定期的に掃除をするのが理想的!エアダスターが便利ですよ。

熱暴走予防策3「パソコンの置き場所を変える」

特にデスクトップパソコンを使っている人は置き場所に注意。パソコンの側面や背面を壁や棚にぴったりつけていると、放熱の妨げとなり、パソコンの温度が上がりやすくなります。壁や棚などとは少し間隔を開けて置くと、風通しがよくなります。特にパソコンの通風孔の部分をふさがないように意識しましょう。
陽当たりの良い場所も温度が上がるので避けたいですね。

また、ノートパソコンは、底の部分から熱を逃がす構造になっているものがほとんどです。膝の上やベッドの布団の上などで使用していると熱がこもりやすいので注意しましょう。

熱暴走予防策4「使わないアプリケーションは終了」

たくさんのソフトを立ち上げていると、CPUに負荷がかかり、パソコンの熱が上がりやすくなります。使っていないアプリケーションは終了して負荷をできるだけ減らしましょう。

熱暴走予防策5「冷却グッズを使う」

熱暴走を防ぐため、パソコンの冷却機能のあるグッズを使うのも手です。外付けのファンでパソコンを冷やす「クーリングファン」や、ノートパソコンの下に敷く「冷却パッド」や「冷却シート」など、多くのグッズが販売されています。

今すぐできる予防策がほとんど!上記の方法を組み合わせ、熱暴走を防いで夏を乗り切りましょう!

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(188本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事