「最近パソコンが重い気がする」「不要なデータは削除したはずなのに容量を食っている」という方は、不要な「tmpファイル」が溜まってしまっているのかもしれません。このファイルを削除してしまいましょう。

※OS「Windows 7」を使用しています

「tmpファイル」って何?

「tmpファイル」とは「一時ファイル」とも呼ばれ、「テンポラリ(temporary =一時的な)ファイル」の略です。

「一時ファイル」というのは、その名の通り、ソフトウェアが作業中のデータを一時的に作成、保存するファイルを指します。通常、このファイルはアプリケーションが終了すると同時に削除されますが、アプリケーションが強制終了してしまった場合などに、削除されないままパソコン内に蓄積されていきます。

この「tmpファイル」が溜まることによって、パソコンの空き容量を大幅に占有することもありますので、定期的にチェックして、溜まっていれば削除しましょう。

「tmpファイル」がどの程度溜まっているのか確認する

まずは「tmpファイル」がどれくらい溜まっているのか確認しましょう。「tmpファイル」はパソコンのファイル表示の設定によっては表示されない場合があるので、表示されるようにする設定方法から解説します。

はじめに、どれでもいいのでフォルダを開きます。

左上に表示されている「整理」→「フォルダーと検索のオプション」→「表示」タブ→「詳細設定」にある「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックをし、「適用」をクリック。

これで「tmpファイル」が表示されるようになります。

不必要な「tmpファイル」を削除してPCを軽くする方法(Windows 7編)

[Windowsキー]+[R]を押すと、「ファイル名を指定して実行」ダイアログが表示されます。
「名前」に「%temp%」を入力して「OK」をクリック。
すると、WindowsシステムのTempフォルダを開くことができます。

不必要な「tmpファイル」を削除してPCを軽くする方法(Windows 7編)

Tempフォルダ内のフォルダをすべて選択(Ctrlキー+A)して右クリックし、「Temp」フォルダのプロパティを見てみると、どれくらい容量を占めているかが確認できます。まずはここを見て、次のステップで削除しましょう。

不必要な「tmpファイル」を削除してPCを軽くする方法(Windows 7編)

1GBはけっこう大きい! 削除します。

「tmpファイル」を削除する方法

[Windows]ボタン→コンピュータをクリックし、「Cドライブ(※)」を選んでいる状態で右クリックして「プロパティ」を選択。

「ディスクのクリーンアップを」選ぶと、削除するファイルの一覧が表示されます。この一覧にある「一時ファイル」をチェックして「OK」をクリックすれば、自動的に不要なファイルを削除してくれます!

※Tempフォルダが置かれる場所は、WindowsのバージョンやPC環境ごとに異なります。

不必要な「tmpファイル」を削除してPCを軽くする方法(Windows 7編)

不必要な「tmpファイル」を削除してPCを軽くする方法(Windows 7編)

簡単ですね! 定期的にチェックすることをおすすめします♪

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(204本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事