そろそろ紅葉のニュースが北のほうから聞こえてくる頃。

美しい紅葉を見ると、つい写真に収めたくなります。家族に見せたり、SNSで友人にシェアしたりとスマートフォンで写真を撮る方も少なくありませんよね。

そこで今回はスマートフォンの利点を有効に生かす紅葉の撮り方をご紹介したいと思います。

フィルタで世界観を表現しよう

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

iPhoneを例にあげると、標準のカメラアプリでも、撮影時・撮影後どちらでもフィルタをかけることができます。

用意されているフィルタは8つ。紅葉におすすめのフィルタは「クローム」と「トランスファー」です。

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

前者は発色が鮮やかになり、黄色い葉の見栄えがより良くなります。
後者は少し色あせた雰囲気で哀愁漂うノスタルジックさを出すことができますね。

好みはわかれますが、「フィルタなし」よりは素敵な紅葉を表現できると思います。

トリミングして写真の完成度をあげよう

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

その場でトリミングができるのもスマートフォンならでは。

写真の下部に中途半端に写り込んでしまった建物をトリミングしてあげると、素人っぽさがなくなって完成度の高い写真に仕上げることができます。

前の人の頭さえ写っていなければ・・・、なんて感じるときには、ぜひこのトリミングを活用しましょう。もちろん紅葉以外の写真にも有効ですよ。

ピントを上手に使って、奥行き感のある写真にしよう

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

ここに注目してもらいたい! という場合は、ピントを使った表現を取り入れてみましょう。ピントは、その写真において「主人公」を明確にしてくれると同時に、奥行き感を出すことができます。

スマートフォンのカメラでピントを上手に使うには、主人公に極力近づいてピントを合わせます。すると背景のボケ具合が際立ち、より印象深い写真になりますよ。

「すれすれ写真」を撮ってみよう

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

一眼レフカメラと違って、端末が軽い、というのもスマートフォンの強み。このフットワークの軽さを生かして、地面すれすれから写真を撮ってみましょう。

幸運にも水たまりなんかがあると、その水面に映る紅葉を映してみると、独特の世界を醸してくれます。自分の撮る写真にマンネリしている方はぜひ試してみてください。きっと新たな世界が見えてくるはず。

Google+では「すれすれ写真サークル」もありますよ!

HDRモードを使用して「白とび」を防ごう

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

続いては、「HDR」モードの利用です。

「HDR」モードとは、明る過ぎて白とびしてしまう場所や暗過ぎてつぶれてしまう箇所を補正する機能のこと。

上記写真で比較をしてみましたが、遠くに見える白い建物や日が最も当たっている葉の部分がHDRモード「オフ」時はとんでしまっているのに比べて、「オン」時はより自然に見えていることがわかります。

「紅葉の向こうにひろがる青空がきれい・・・」と思って、いざ写真に収めてみたら空が真っ白にとんでしまっている! なんて場合には、このHDRモードを利用してみてください。

※ iOS7.1以降からHDRモードは自動化されています。
※ iPhoneではHDR撮影を使用すると、「通常の写真」と「HDR写真」の2枚が保存されます。

おまけ:寄って撮ったり、ミラー越しに撮ったり、視点を変える!

紅葉と言っても見上げるだけが紅葉ではありません。個人的には落ち葉が好きなので、いろんな落ち葉の表情を撮ってみました。

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

上も下も黄色だらけでパチリ。

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

外国の飴のような色とりどりにパチリ。

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

松ぼっくりと一緒にパチリ。

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

そろそろコーヒー飲みたいな、でパチリ。

【実例あり】スマホカメラで紅葉を上手に撮影するテクニックまとめ

車の広角ミラーを利用して、紅葉とセルフィーでパチリ。

ということで、スマートフォンでの紅葉の撮り方、いかがでしたでしょうか? この記事を読んで、早く撮りに行きたい! と思ってくれる方がいれば幸いです。

日が当たっているときはそうでもないですが、日陰になるとグっと冷えます。紅葉狩りにはぜひ暖かい格好をして出かけてくださいね!

ピックアップ

うえやま

競馬カメラマンからWEB業界へ異色の転身後、WEB制作に加えて大手メールマガジンやツイッターキャラクターの中の人までこなす。三度の飯より件名を考えるのが好き。

記事(136本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事