最近のスマホの多くには防水機能があるものが多いですよね。「防水仕様のスマホだから、雨にぬれても大丈夫」となんとなく思っているけど、そもそも防水ってどれくらい防水できるんでしょうか?

現在、スマホには防水規格IPX5、IPX7、IPX8などがあります。これらが何を意味しているのか、解説します!

「IPX5」など防水規格の見方

最近では防水を表すのに「IPX○」(○には数字が入ります)という表記が用いられています。「IP」とは「International Protection」の略で、「IEC(国際電気標準会議)」によって定められている防水・防じん(塵)の保護規格を指します。

IPの後に続く数値やアルファベットは、次のような順番でそれぞれの保護等級を示しています。

IP○(防じんの保護等級)○(防水の保護等級)

スマホに見られる防じんの保護等級の「X」は「テストをしていない」「対応していない」という意味を表す記号ですが、省略するために「X」と表示されている場合もあるので、必ずしも「X=無保護」を意味しているわけではないそうです。

防水レベルが高いほど数値は上がる

防じんの保護等級は0~6まで、防水の保護等級は0~8までの段階で表されます。それぞれ、数値が高いほど保護レベルが高いとされています。
3つの規格レベルは下記です。

IPX5:あらゆる方向からのノズルによる噴流水を受けても有害な影響が認められない。内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる直接噴流水を浴びても、電話機としての性能を保持できる。

IPX7:定められた条件(1m、30分)で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない。常温で水道水、かつ静水の水深1mの水槽に電話機本体を沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、性能保持が可能。一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない。

IPX8:等級7より厳しい条件で水中に没しても有害な影響を生じる量の水の侵入がない。常温で水道水、かつ静水の水深1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水がなく、電話機としての性能を保持できる。継続的に水没しても内部に浸水しない。

どうやら大雨に降られたり、万が一池やプールに落としたりしてしまっても長時間でなければ大丈夫そうですね。また、ただし注意したいのは、あくまでも、外部接続端子などのカバーをキチンとしている状態でのこと。カバーの閉じ方が甘かったりすると、保証されませんので気をつけてくださいね。

ちなみにお風呂での使用については、防水テストは常温(3~35℃)の真水・水道水で行われているため、お湯に対する防水は想定されていません。さらに、ボディソープやせっけんなどが含まれた真水以外の水も非対応とされています。心配な方は、専用の防水ケースに入れるなどしたほうが安心ですね。また、機種によっても異なるので、取扱説明書を確認してみましょう。


日常的に身に着けているものとして、腕時計も気になるところ。腕時計の防水基準もチェックしてみてくださいね。

▼防水時計の種類と取扱い上の注意点について詳細はコチラ

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(206本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック