最近よく耳にする「スマート家電」って、知ってる? インターネット回線を通じて、家電とインターネットがつながったり、スマホと家電がつながったりして、情報のやりとりができる家電のことだ。

そんな「スマート家電」が今、便利すぎてスゴいことになっている。電子レンジがおすすめメニューを教えてくれたり、出先でエアコンを操作したりというのは、もう当たり前なんです。

というわけで、今注目の最新スマート家電事情を紹介していこう!

家電が「ともだち」や「コンシェルジュ」?

ヘルシオ AX-XP2WF-R レッド系

シャープのスマート家電は、音声で話しかけてくれたり、人の心を察してくれたりする「ともだち家電」。人工知能や音声認識技術などを使って、使い方や状況に合ったアドバイスをしてくれるというものだ。

オーブンなら「ジャガイモのメニューを教えて!」と伝えればメニューを教えてくれ、エアコンなら天気情報を活用して「明日は寒くなりそうだからタイマーをセットしたほうがいいかも」と、友達のように話しかけてくれる。

東芝 6ドア冷蔵庫 「マジック大容量 FVシリーズ」(458L)

東芝のスマート家電は「家電コンシェルジュ」として、便利で快適な生活をサポートしてくれる。

「冷蔵庫の中にどんな食材があったかな?」なんていうときに、外出先から庫内を撮影できちゃう。それをスマホで確認すれば、同じものを2つ買ってしまうなんてこともなくなるのだ。

ねっ!? 最新のスマート家電って、スゴいでしょ?

家電同士が「ともだち」としてつながる!

さらにシャープの「ともだち家電」は、家電同士も友達のようにつながってしまうというから驚きだ。

たとえば洗濯をしているとき、テレビに夢中になって洗濯をしていることを忘れてしまっていても、テレビ画面に「洗濯、終わったよ~」なんて知らせてくれる。

また外出している際、ともだち家電を「るすばんON」の状態にしておくと、留守番もしてくれるというのだ。

たとえば、子どもが帰宅して冷蔵庫の扉を開けると「冷蔵庫さんが操作されたよ。誰かが帰ってきたみたい!」とスマホに連絡。さらにほかのともだち家電にも知らせ、自動で「るすばん」を解除してくれる。

ここまでくると、もはや家電ではなくて、ちょっとしたロボットだよね?

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(238本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック