外出先で急遽、文書をスキャンしたい・・・ノートPCとスマホはあるけど、もちろんスキャナはないし・・・そんなとき!スマホのスキャナアプリがあれば結構、じゅうぶん、大丈夫なんです!!
そうは言ってもスマホのアプリじゃ・・・と思う方も多いかもしれません。
もちろん、スキャナを使うほどの精度ではありませんが、なかなかのすぐれもの。何より手軽で、(ほぼ)どこでもできるというのは素晴らしいことです。
今回はいくつか試した中でオススメの二つののアプリを紹介します!

試すのはこの紙一枚

今回、「エンジョイマガジン」のトップページを印刷したこちらの紙をスキャンしてみました。



文字、画像が入っているのでわかりやすいかなと。
撮影したのはこの画像の通りの状態で、真上からではなく、紙を机に置いて、椅子に座った状態でパシャ。しかも撮影時は夜と、超悪条件下です。
では早速やってみました~!

Evernote Scannableの場合

まず出来上がりから、ドーン。



どうですか、なかなかのクオリティですよね。



撮影時は、こんなふうに認識した紙の部分が水色に表示されます。
他のアプリを使ってみても、このように表示されるものが多かったですね。
このアプリのいいところは、やはりEvernoteのアプリというだけあって、楽に共有ができるということ。初期設定で自分のEvernoteを設定しておけば、自動的にクラウド上にアップされる仕組みです。


撮影すると、白地の部分を明るくして、文字を見やすく変換してくれます。そして保存時は、上記の画面になるので「カメラロール」を選べば保存、「Evernote」を選べばアップされます。



そして、有料版がなく全て無料で使えるのもうれしいポイント!
クラウド上にアップしやすいという点で、名刺の管理に向いているかもしれませんね。
たまにある、光沢のある名刺などもきれいにスキャンすることができますよ。

Evernote Scannableのダウンロードはコチラから

Cam Scannerの場合

こちらも、出来上がりから。

少しタテに潰れてしまった感がありますが、十分読めますね。

実は、いくつか試した中で撮影のしやすさは一番かな?という気がしました。このように・・・



この手のスキャナーはどれも原稿の四隅を認識して歪みを調整していると思うのですが、撮影したあとに四隅のポイントが表示されるので確実に紙を認識するように手元を調整することができます。
このときは紙の下の部分がずれていたので、スワイプして調整しました。
もちろん、保存だけでなくクラウド上にアップすることも、GoogleドライブやDropBoxなど各種のオンラインストレージとひも付けてアップすることも可能。
Cam Scannerは有料版もあり、月額500円か年額5,000円で、クラウドの容量アップや、OCR機能が使えるとのこと。そのほか、1枚120円で、スキャンしたデータをFAXすることも可能です!

CamScannerのダウンロードはコチラから

今回は二つのアプリのご紹介でしたが、「スマホのアプリでここまでスキャンできる」ことがわかっていただけたかなと思います。
他にもアプリはあるので、みなさんぜひ試してみてくださいね。

ピックアップ

林さやか

フリーの編集者兼ライター。「本が好き」の一心で編集者になったものの、スポーツ、文学、手芸、東洋医学など興味はとことん「広く浅く」。父親のやっていたパソコン通信から中学生でインターネットにハマった1983年生まれ。

記事(72本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック