「結婚式は縁起の良い大安に・・・」「仏滅はあまりいい日ではない」など、なんとなーく知っている「大安」「仏滅」などの「六曜(ろくよう)」。表示されているカレンダーも多いですが、読み方や意味、全部ご存じですか?

そもそも六曜って何?

「六曜」は「六輝(ろっき)」ともいい、暦に記載される日時や方位の吉凶を表す「暦注(れきちゅう)」の一つとして知られています。現在は先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種があり、それぞれ意味を持っていて、「結婚に関連する行事は大安がよい」など、主に冠婚葬祭などの儀式と深く結びつきがあります
これは、足利時代に中国から伝わった占いがベースであり、当時は現在の曜日を示すのようなものだったという説も。それが江戸時代の終わり頃から今のように吉凶を表す事項として変化していったそう。
それでは、「六曜」それぞれの読み方や意味をご紹介します。

六曜一の吉日・大安(たいあん)

六曜のなかでも有名(?)な大安は、「大いに安し」の意味を持ち、六曜の中で最も吉日とされています。一日じゅう万事が吉なので、結婚式や結納は大安の日に行われることが多い日です。

午前中に吉あり!先勝(せんしょう・さきがち)

「先んずればすなわち勝つ」の意味をもつ先勝。急用や訴訟などを行うのによいといわれており、何事も急いで早く行うと幸運が舞い込む日。そのため午前中が吉、午後は凶とされています。

「友を道連れにする?」友引(ともびき)

友引は、「友を引(き連れてい)く」という意味があるといわれ、「幸せのおすそ分け」という意味では大安の次に結婚式に適しているといわれています。しかし、お通夜や告別式には縁起が悪いとされています。

正午付近は吉!赤口(しゃっこう・しゃっく)

六曜の中でもマイナーな部類の赤口は、「凶の日」といわれています。ただ、午の刻(午前11時頃~午後1時頃)のみ吉とされており、その時間帯に何かを行うのはよいのだとか。

午後は縁起がよい、先負(せんぷ・さきまけ)

先勝とは反対に「先んずれば即ち負ける」の意味をもつ先負は、「午前中は凶、午後は吉」といわれています。また、万事に平静であることがのぞましい日で、勝負事や急用は避けた方がよいという説も。

お祝いごとは避けたい?仏滅(ぶつめつ)

「仏も滅するような大凶日」の意味をもつ仏滅は、六曜に詳しくない方にもよく知られていますね。この日は六曜の中で最も凶の日とされており、とくに高齢者などは婚礼に日取りとしては避ける傾向にあります。ただ、仏滅は結婚式場の割引があったりと、気にしない人にとってはお得な日でもあるかも?

さて、いくつご存知でしたか? 江戸時代からというと、古いようで意外と新しい概念なのだなと感じました!何か日程を決めるとき、ちょっと意識してみるのもおもしろいかもしれませんね。

ピックアップ

ミニアンケート

この記事の評価をお聞かせください!

※ブラウザのバージョンによってはクリックできない場合があります。ご了承ください。

ご回答ありがとうございました。

この記事や、その他のご意見ご要望を
アンケートページでお聞かせください。

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(146本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事