最近よく聞く、パラレルキャリアってなに?

最近、「パラレルキャリア」という言葉をよく聞きますが、みなさんはご存知ですか?
「パラキャリ」なんて略されていることもありますね。

現代の新しい働き方としてこのパラレルキャリアを実践する人が広まっているようですが、具体的にどんなワークスタイルなの? いわゆる副業とはなにが違うの?

解説します!

パラレルキャリアってなに?

「パラレル(parallel)」とは「並列」という意味をもっており、「パラレルキャリア」とは複数のキャリア(経歴)を並行することを指しています。

もともとは、ドイツの経営学者であるピーター・ドラッカーが著書『明日を支配するもの―21世紀のマネジメント革命』のなかで提唱した働き方で、昔に比べて人間が長寿になったため、会社の定年などに縛られずに生き生きと働き続けるための方法であるといわれています。

このことから、パラレルキャリアは、本業を持ちつつ、別の仕事や活動を行って第二、第三のキャリアを築くことを意味しています。

たとえば会社に所属しながら会社を経営したり、個人事業主として活躍したりするほか、複数の企業でプロジェクト単位で働くスタイルなどがパラレルキャリアに該当します。

パラレルキャリアと副業の違いって?

パラレルキャリアの定義はいろいろありますが、副業が「お金を稼ぐ」ことを目的としているのに対して、パラレルキャリアは活動そのものに重きをおいているという点が異なります。

たとえば、趣味についてのブログを書き続けていたら、読者が増えて広告収入が得られるようになった、自然に触れることが好きなので会社員をしながら週末は畑を借りて農業をしている、などなど。

また、ボランティアや自治活動などの社会貢献もパラレルキャリアに含まれます。
本業で身につけたスキルを使って人に教えたり、プロジェクトに参加するなど社会貢献を行う「プロボノ」もパラレルキャリアのひとつのかたちとされています。

イメージとしては、スキルアップや夢の実現、趣味などを目的として始めた結果、収入が後からついてくるといった感じでしょうか。

IT系にも広がるパラレルキャリア

IT関連企業で働きながら、同じくIT系の仕事を持ってパラレルキャリアを築く人も増えています。ネット環境とパソコンがあれば場所にとらわれずに仕事ができ、スキルを活かせるのがポイント。
就業規則で本業以外の仕事をもつことを禁止している企業も多くありますが、近頃は、それを認めるIT系の企業も増えてきているようです。

近年ではソフトウェア開発の大手・サイボウズ(株)が、「ワークスタイルや契約形態に関係なく、理想でつながり、一緒にチームワークあふれる社会を目指す」として、複数の仕事をもつ人を対象に人材を採用する「複業(ふくぎょう)採用」を行っていることで話題になりました。

パラレルキャリアのメリットとは?

パラレルキャリアのメリットは、自分の好きなことを伸ばしたり、活動をすることで技能が磨かれて人生のやりがいを見出し、対人関係が広がっていくチャンスが増えること。
さらにうまくいけば、副収入を得られる可能性があるのもメリットです。

また「第二の仕事を並行することで、本業に新しい発見があった」「仕事を複数持つことで『生きがい』が分散され、心の余裕がもてるようになった」など、心の豊かさにつながるメリットが大きいようです。

パラレルキャリアのデメリット

必ずしもデメリットではないかもしれませんが、多くのパラレルキャリア実践者が共通して「忙しすぎて時間がなくなる」と感じているそうです。

ただでさえ忙しい現代人、仕事に追われて本業がおろそかになったり、体を壊さないように注意したいもの。

ほかにも、上記でもふれたように、本業以外の仕事を禁止している会社はまだまだ大多数。会社に内緒で始めたものの、バレてトラブルになることも......。
企業のなかには「競合する業種の仕事でなければ応相談」という会社も存在するので、確認してみてはいかがでしょうか。

個人が複数の肩書きをもつ、新しい働き方「パラレルキャリア」。今後、こういう動きはどんどん広がっていくのではないでしょうか?

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(206本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック