iPhoneは新機種が登場すると、OSが大きく刷新されます。
iOSをアップデートすることで、旧機種でも新機能が使えるなどのメリットはありますが、まれに不具合があるのも事実。細かい不具合は再度アップデートされますが、ちょっと様子を見たい......。

そんなときに何度も表示されるiOSのアップデート通知を消す方法があるんです。

アップデート情報を削除する

アップデート通知を非表示にするには、「設定」アプリを開きます。

次に、[一般]→[ストレージとiCloudの使用状況]をタップしましょう。

続いて、[ストレージを管理]をタップし、最新バージョンのiOSを選択します。

詳細画面で[アップデートを削除]をタップし、再度[アップデートを削除]をタップすると、アップデート通知が消えます。

消してもアップデートはできる

アップデデート情報を削除したあとにアップデートすることも可能です。

[設定]→[一般]→[ソフトウェアアップデート]の順にタップ。最新バージョンのiOSが表示されたら、[ダウンロードとインストール]をタップしましょう。ここに何も表示されない場合は、現状のiOSが最新バージョンであることを示します。

あくまでもOSは最新バージョンを維持したほうが、セキュリティ面などが安心です。頃合いを見てiOSを最新の状態に保ちましょう。

ピックアップ

今西絢美(いまにしあやみ)

編集プロダクション「ゴーズ」所属の三十路女史。スマートフォンなどのデジタルガジェットを中心に、アプリや関連サービスに関する記事をウェブや雑誌で執筆中。食べ歩きネタと”嵐”のチェックはライフワーク。

記事(64本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事