iPhoneでは「電源ボタン」+「ホームボタン」を同時に押すとスクリーンショットが撮れるのはみなさんご存じですよね。
スクリーンショットはメモ代わりできたりとと便利な機能ですが、同時押しのタイミングが合わなかったり、片手だとやりにくかったりしませんか?
そんなとき、「AssistiveTouch」の設定をしておけば、カメラ機能のようにワンタップで撮影ができるんです!

※今回の記事では、iPhone7を使っています
※この設定ができるのはiOS9以降のバージョンです

「AssistiveTouch」ってなに?

「AssistiveTouch」(アシスティブ・タッチ)機能は、ホームボタンや音量を変えるなどのボタン操作、複雑なタッチ操作などを、画面上にボタンメニューとして表示させ、より簡単に行えるようサポートする機能のこと。使いこなせばとても便利ですが、意外と知られてない機能でもあります。
好みでカスタマイズできるため、設定次第でスクリーンショットもワンタップで撮れるようになります!

スクリーンショットをワンタップで撮るには?

まず、事前設定が必要です。
[設定]→[一般]→[アクセシビリティ]→[AssistiveTouch]の順番でタップしていき、[AssistiveTouch]をオンに設定します。

すると画面上に黒いボタンが現れます。
次に、その下の「最上位メニューをカスタマイズ」をタップ。

「消音」や「ジェスチャー」など、複数のメニューアイコンが表示されます。
下の方にある「●個のアイコン」という項目の「-(マイナス)」を、アイコンがひとつになるまでタップします。


残ったひとつのアイコンをタップすると、メニュー一覧が表示されます。ここで「スクリーンショット」をタップし、右上の完了を押せば設定完了。

常に黒ボタンが画面上に表示され、このボタンをタップすればスクリーンショットが撮れます。

他の機能も割り当てられるので便利!

この黒ボタン、オンにしているとずっと画面に表示されているわけですが、もしも「アプリアイコンにかぶってジャマ!」と思ったら、ボタンをスワイプすれば移動可能です。
「今はスクショをそんなに使わない」というときは、「AssistiveTouch」をオフにしておけばボタンは消えます。

「AssistiveTouch」は、スクリーンショット以外でも、ワンタップで画面をロックしたり、Siriを呼び出したりという機能を割り当てることもできるので、よく使う機能を設定しておくと便利ですよ~。

関連記事

iPhoneの「リマインダー」アプリが自分だけのコンシェルジュに早変わり!便利な使い方は?
仕事以外でも使える、iPhone「ボイスメモ」が便利な3つのポイント
iPhoneの「コントロールセンター」でしか使えないお役立ち機能があるって知ってた?

ピックアップ

Kana.mM(かな)

編集プロダクション勤務を経てフリーライターとして独立し、そろそろ10年。旅行、不動産、広告、生活系のジャンルで執筆活動中。趣味は野球観戦と戦争ゲーム。アナログ心を忘れないデジモノ好きを目指しています。

記事(188本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事