子どものころから慣れ親しんできた「おでん」。何の疑問も持たず、今まで食べてきた人もきっと多いはず。

でもおでんって、地域によって具材やだしなどに違いがあるって知ってた?

そこで今回は、各地域の代表的なおでんを紹介。
その違いを知って、おでんの奥深さを感じてみよう!

北海道・東北地方のおでん

北海道のおでんは昆布だし。
具材には魚介類が多く使われているのが特徴で、ホタテやツブ貝、タラの白子などが入っている。さらにフキやワラビなどの山菜が入るのも特徴。
「マフラー」という長方形のさつま揚げも北海道独自の具材だ。

東北地方では「青森おでん」が有名。魚介類や山菜のほか「大角天」と呼ばれるさつま揚げが入っているのが、北海道のおでんに似ている。
これにショウガ味噌だれをかけ食べるのが特徴だ。

関東地方のおでん

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

関東地方のおでんは、かつおだしを効かせて、濃い口しょう油で味付けをした色の濃いつゆが特徴。具材には、小麦粉で作られたちくわのような「ちくわぶ」、白身魚のすり身で作られたフワフワ食感の「はんぺん」が入っている。

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

また神奈川県小田原市には、地元の名産品であるカマボコを売り出そうと「小田原おでん」を発案。梅味噌をつけて食べるのが特徴だ。
毎年行われる「小田原おでんサミット」で、新作がお披露目される。

中部地方のおでん

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

静岡県では濃い口しょうゆを使った色の濃いつゆで煮込んだ「静岡おでん」が有名。アジやイワシのすり身を使った「黒はんぺん」が独特の具材だ。これにかつお節と青のりをかけて食べる。

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

愛知県では、かつおだしに八丁味噌を加えたつゆで煮込む、名古屋名物の「味噌おでん」が有名。具材にはすじ肉や里芋が入っていることが多い。

北陸地方のおでん

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

北陸地方では、塩と昆布やかつお節で取っただしに、地魚や県産野菜などを入れて煮込み、白とろろ昆布を載せて食べる「富山おでん」がある。

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

お隣の石川県では、昆布と煮干しのだしに、しょう油を加えた薄味のつゆが特徴の「金沢おでん」が有名。香箱ガニ1杯分を甲羅に詰めた「カニ面」、紅白のうず巻き模様が特徴のカマボコ「赤巻き」、バイ貝、車麩などの具材が特徴だ。

近畿地方のおでん

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

大阪ではおでんのことを「関東煮」と呼ぶ。だしはかつおだけでなく昆布も利かせ、薄口しょうゆで味付けをする。牛すじやタコなどを入れるのが特徴。

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

兵庫県姫路市の「姫路おでん」は、ショウガじょう油をかけたりつけたりして食べるのが特徴。つゆは濃い口しょう油を使った関東煮タイプと薄味タイプの2種類がある。

中国・四国地方のおでん

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

香川県で食べられる「讃岐おでん」は、白みそベースの甘い味噌だれやからし味噌をつけて食べる。うどん店に置かれていることが多く、うどんと一緒に食べることが多い。

高知県で食べられている「高知おでん」は、かつお節、昆布、鶏ガラで取った濃厚なだしが特徴。じゃこ天や牛すじを具材に入れている。

九州・沖縄のおでん

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

福岡県、佐賀県、大分県を中心に食べられているおでんは、具材に餃子巻きが入っているのが特徴。鶏からとっただし汁に、九州特有の甘いしょう油で味付けされている。

「沖縄おでん」の特徴は、なんといってもテビチ(豚足)が入っていること。ソーキ(豚のあばら肉)、ソーセージ、昆布などが入っていて、コクのある味わいだ。

実はビミョーに違う! 日本全国のおでんを知ろう!

各地域でこんなにもおでんが違うなんて、ちょっと驚き。旅行や出張で出かけたときは、ぜひ地元のおでんを味わってみよう!

関連記事

「マクド」「サビオ」だけじゃない!地域によって違う呼び方、言い方のいろいろ
あなたの地域では何が入ってる?各地の珍しい「おせち」具材
あなたの苗字は都道府県のどこに多い?全国ランキングと分布を調べてみよう

ピックアップ

牛島義之(うしじまよしゆき)

アウトドア雑誌の副編集長職を経て、フリーランスとして独立。以降、アウトドアをはじめ、遊びにまつわる数々の原稿を雑誌やWEBサイトにて執筆している。 ⇒今日も明日も『ゆる~い生活』

記事(240本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック