ネスカフェバリスタってなに?

ネスカフェバリスタシリーズは、ネスカフェが展開しているネスカフェゴールドブレンドなどのインスタントコーヒー専用マシン。

なんだ、インスタントか......と侮るなかれ。
コンパクトなマシン一台でブラック、エスプレッソ、カプチーノ、カフェラテが楽しめてしまう、とても優秀なマシンなんです。

ネスカフェバリスタの魅力

コーヒー×スマホ!アプリ連携でカスタマイズ色々

これまでのバリスタシリーズは、マシンが決めた一定の分量でコーヒーを淹れるだけでした。
新発売になったネスカフェバリスタアイは、スマホアプリと連携して、なんとコーヒーの「濃さ」「泡立ち」のカスタマイズが可能に!
スマホで操作する新しいスタイルと、SNSと連携して楽しめる新しい使い方が魅力です。

実践!ネスカフェバリスタアイの楽しみ方いろいろ

1、基本のコーヒーでも本格的なクレマが

こちらは、バリスタアイ本体操作で「ブラック」を抽出したところです。

基本操作は、本体のメニューボタンを押すか、スマホのアプリ画面から操作できます。メニューはエスプレッソタイプ・ブラック(通常サイズとマグサイズ)・カフェラテ・カプチーノの全4種類。ボタンを押せば自動でマシンが抽出してくれます。

普通のブラックを淹れただけでも、コーヒーの上にはふわふわの泡「クレマ」が!インスタントコーヒーでクレマができることに思わず感動してしまいます。

2、濃さや泡立ち自由自在!アプリでカスタムして淹れる

これまでのマシンから一歩進んだネスカフェバリスタアイの特徴は、コーヒーの「濃さ」「泡立ち」を自分好みにカスタマイズできるところ。
ここでは、どのようなカスタムが楽しめるのかみていきましょう!

カフェラテ:泡立ちや濃さをカスタマイズ

バリスタのスマホアプリ画面がこちらです。

スマホアプリのメニューから「カフェラテ」を選ぶと、このような画面が出てきます。
ここで、「コーヒー」「水」「泡立ち」の各項目をスライドさせて、自分の好みに変えていきます。
コーヒーの量は、1g・2g・3gの中から、水は100ml~220mlの各10ml刻み、泡立ちは3段階で設定できます。

砂糖を加えたり、ミルクの量を加えれば、さらにリッチなカフェラテをつくることができます。

カプチーノ:カフェ気分を自宅で手軽に!

カプチーノは、エスプレッソとフォームミルクで作るので、自宅で楽しむにはややハードルが高くなるメニュー。
バリスタアイなら、泡立ちたっぷりのカプチーノもボタン一つで淹れることができます。

こちらも、コーヒー・水の量や泡立ちをカスタムできます。
ネスカフェバリスタは、クリーミングパウダーやミルクの使用をおすすめしていますが、市販の牛乳でもつくることができます。
牛乳の場合は、低脂肪乳よりも普通の牛乳の方がクリーミーな泡に適しています。

3、ネスレブライト3種のフレーバーでアレンジ自在!

こちらは、ネスレのクリーミングパウダー「ブライト・ショコラテ」を入れ、バリスタアイ本体操作で「カフェラテ」を抽出したところです。

ブライトでつくる一番の魅力は、きめ細やかな泡ができること。バリスタアイの機能を最大限に生かしてくれます。
甘みのあるショコラ風味のコーヒーなので、ほっと一息したいときにぴったりです。

ブライトにはベーシックなものと、カフェラテ・キャラメルラテ・ショコラテの3種のフレーバーがあり、どれも甘みがあるので、デザートタイムや休憩にぴったりです。

番外編:フォーミングミルクでココアラテ

ネスカフェバリスタアイの進化の一つに、あらかじめカップを温める機能があります。
高速ジェット噴射口からお湯だけが出てくる機能で、1回に出てくる湯量は40ml。
本来はカップを温めるために使う機能なので、出てきたお湯は一度捨ててしまいますが、この機能を応用すればクリーミングパウダーや牛乳を入れておき、温めボタンを2回押せばクリーミィ―なスチームミルクをつくることができます。

その他にも、ミルクとココアを入れてココアラテ、ミルクと紅茶でミルクティーなども楽しめます。

手軽においしくカフェタイム!

バリスタアイは、スマホアプリでFacebook、Twitter、LINEのSNSとも連携でき、定型文のやり取りでバリスタユーザーと気軽にコメントすることができます。
例えば、このSNS機能で離れている家族がコーヒーブレイクをしていることも分かり、身近に感じることができます!

コーヒーの「濃さ」や「泡立ち」が加減できることで、アレンジの幅がぐんと広がり、よりカフェタイムが楽しみになりそうですね。

関連記事

コツさえわかれば簡単、自宅でおいしいコーヒーを淹れる基本
温めて美味しい!?意外な〇〇(ドリンク編)
アイスコーヒーも「氷カフェオレ」も自宅でできる!コーヒー氷作りのコツ

ピックアップ

中野友希(なかのゆき)

税理士補助や経理、職場の衛生管理者としてメンタルヘルスケアに取り組むなど、探求心旺盛な会社員時代を過ごす。出産後、楽しい物事を文章で伝えることに使命感を燃やしながら、フリーライターとして独立。ヘルスケア、ペット専門のオウンドメディアなどを中心に執筆中。

記事(8本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事