BIGLOBE30周年連動企画としてお送りする「Member」。「人は誰だって組織の一員(Member)」をコンセプトに、グループなど組織に所属する一人にスポットを当ててきました。今回は「彼女たちの5周年」と題し、今年結成5周年を迎えた九州発のアイドルグループ・LinQのメンバーを通して、組織における周年というものを考えていきます。
※本取材は2016年3月に行われました。
※前の記事はこちら

LinQ

例えば。
あなたの仲間が「めんどくさいな」と言ったとする。
それは、端から見ればグチであり、反抗的な言葉にも捉えられるかもしれない。でも、普段から気心が知れた仲なら「ああ、また言ってるな~」くらいに聞き"流す"こともあるはずだ。

では気心が知れた仲、とはなんだろうか。簡単に言えばその人のことをよくわかっている、ということではないだろうか。この人はこういうときはこういう言葉を発するけれど悪気はないんだよね、とか。

それがメンバーの数だけ必要、ということなのだろう。

「出前公演ではチーム分けされていましたけれど、基本的に全員いてLinQ、ですし。5周年ライブみたいに全員で出るライブのときに、みんなが同じ気持ちになれるように一人一人を一人一人がわかっていなければ。私がメンバー全員の一人一人の気持ちをわかっていないといけないし、もちろん他のメンバー同じようにも。最終的には人のことをわかっている上での集合体でないと難しいのですが、それをできるようになりたいです」

5周年ライブに向けて全メンバーに話を伺う中で、何より吉川千愛は、メンバー間の思いやりの大切さを語った。

吉川千愛がLinQの副々リーダーになったのは、天野なつがリーダーになったときだった。当初は秋山ありすと原直子の二人が副リーダーだったのだが、当時学業の関係で秋山ありすが活動に参加できる回数が難しくなったとき、副々リーダーとして天野なつが指名したのが1才下の吉川千愛だった。

「今思えば、当時は(上原)あさみさん(※LinQ初代リーダー)など年上のメンバーが引っ張ってくれていて、ついていっているというか乗っかっているだけだったんです。でも(年齢の近い)なっちゃんがリーダーになって、"これじゃいかんな"ということにどんどん気づいていって。副々リーダーになったときも何をしたらいいんだろう、というのがわからなくなって運営さんに相談したら"リーダーは自分が動くのではなく人を動かす仕事だから"と言われて」

とはいえ彼女もメンバーの中では年齢的には中間であり、人を動かすと言うことができず戸惑っていた。当初は天野なつともぶつかることもあったという。しかし、副々リーダーとして天野なつの考えに触れる機会が多くなるうちに、尊敬の目で見るようになっていった。そして副リーダーの原直子は天野なつより年上ということもあり、年齢幅の広いメンバー間のバランスを取るのがうまかった。では自分は何をしたらいいか。

「リーダーには話せないことや、原さんは年上だから話しにくいというときに、Qty(年少メンバーを中心に構成されたLinQのチーム)や、後から加入したメンバーは(私に対して)話しやすいかなと思うので、話を聞くようにしているというか。年下のメンバーのために背中を見せているつもりなんです」

LinQ

LinQを見てきた中で感じたのが、リーダーの天野なつは、遠征メンバーとして全国を飛び回ることが多かった。一方副リーダーの原直子は、仕事の関係で遠征に行く機会は少なく、LinQの地元である福岡にいることが多かった。全国に打って出るLinQと、地元を固めるLinQ。その二面性、そして二つのベクトルがある中で、吉川千愛はその真ん中にいる気がした。ベクトルをV字型とすれば、その基点にいるのが彼女。ベクトルが分かれてしまい、LinQとしてどっちのベクトルを目指せばいいか。そこを判断できるのが彼女ではないか。

「そうですね。でもそこで(進まずに)止まってますよ(笑)。

私はマイペースなので、まずゆっくり考えよう、って思うんですよ。そこで焦って道を判断したら、それは間違えた道かもしれないって思っちゃうから。考えた末で、こっちの方がいい、とか。自分が考えつく方ではないから、みんなが考えついた方に入る、という感じなんですけどね」

新たな答えを出す、とかではなくてどっちがいいかを冷静に判断するという感じですね、というと「新たな答えは出せないですよ」と即答した。

「ずっと考えて、"こっちの方がいいのでは"って思っても結果的に(杉本)ゆささんとか頭の回転が速いから"こっちの方がいいよね"って先に言われちゃうことが多いですけれど(苦笑)」

彼女は「私はマイペースすぎて成長が遅い」と笑うが、一方でマイペースでやり続けられる能力があったのではないだろうか。マイペースだからこそ、他の人が気づかないことにも気づける。そして、他の人にはない判断基準を持っている。マイペースかもしれないが、それは必ずしもゆっくりなのではなく、自分が気づかないだけでそのペースは加速しているかもしれない。

「この5年でLinQとして誇れること」という質問に、「地域のお祭りに出たり、地元密着という点はどのグループにも負けていないし、それだけは譲れないです」と答えた。地元密着を誇りに思うメンバーは多いのだが、「譲れない」と彼女にしては珍しく強い口調で言ったのが印象的だった。そして、その後にこう続けた。

「あと、がんの啓発の活動とかも。私たちもそういう問題を真剣に考えた上でライブなどイベントに出させていただいているので。伝えていけるのは私たちだから、とも思うんですね」

がんの疾患啓発や患者支援、研究推進の支援を目的としたチャリティーライブ「Rock Beats Cancer FES」やがん征圧全国大会にも出演するなど、医学界との関わりも深いLinQだが、そのライブに出ることの多かった彼女ならではの言葉だと感じた。

-全国に九州の魅力を伝える。
-地元・九州の人たちに根ざす。

それをLinQの二つのベクトルとするならば、啓発というもう一つのベクトルが実はあるのだ。

彼女は「進まず止まっている」「新たな答えは出せない」と言っていた。何のことはない、彼女は自分の道を歩み、そして他のメンバーとは違う彼女なりの新しい答えを出しているのだ。本人が気づいていないだけの、もう一つの道を。

LinQ

>>続いてセンターが見出した自分なりの答え

BIGLOBE 30周年記念特設サイト

おかげさまでBIGLOBEは30周年を迎えることができました。
感謝の気持ちを込めてBIGLOBEスマホ代30年分をどど~んっとプレゼントします!
さらに、Wチャンスで現金10万円が当たるかも!?
その他特別企画が続々登場!

http://www.biglobe.ne.jp/30years/

DVDリリース情報

LinQ 5周年祭「うちらのどんたQ~博多名物になりたいっちゃん!~」

LinQ

発売日:2016年8月24日
価格:4,800円(税別)
品番:TCED-3196

結成5年を迎え5月5日(木)にZepp Fukuokaにて開催された5周年記念LIVEがDVD化。
全27曲を収録し、約1時間を超えるメイキング映像を特典として収録した2枚組でリリース!

【DVD2枚組仕様】2016年/日本/カラー/本編約163分+映像特典約63分/16:9LB/片面1層/音声:リニアPCM2.0chステレオ/字幕:なし/2枚組
※仕様は変更となる場合がございます。

発売元:ジョブ・ネット
販売元:TCエンタテインメント

映画「みんな好いとうと♪」

LinQ

九州から世界をめざすアイドル・LinQ主演。オール福岡ロケ!笑って、泣いて、みんながハッピーになる青春エンターテインメント!

福岡県、福岡市、また地元企業の協力のもと九州オールロケを敢行!
豪華版には未公開映像満載の特典ディスクを収録。さらに初回生産限特典生写真セットを封入!

発売日:2016年8月24日
価格:
Blu-ray バリバリ豪華やけん版 5,800円(税別)
DVD バリバリ豪華やけん版 4,800円(税別)
DVD 通常版 2,980円(税別)

品番:TCBD-0566
発売元:「みんな好いとうと♪」 製作委員会

「みんな好いとうと♪」公式サイト

CDリリース情報

「ふるさとジャポン」
2016年9月28日発売

LinQ

テレビ東京系アニメ「妖怪ウォッチ」 エンディングテーマ
ニンテンドー3DSソフト「妖怪ウォッチ スシ / テンプラ」エンディングテーマ


◇「LinQ」ver. 4形態
☆スペシャル初回特典:「LinQ生写真(仮)」
※10種の内、1種ランダム封入

LinQ ver.①

LinQ

CD ONLY AVCD-55131 ¥1,000(税込)

LinQ ver.②

LinQ

CD ONLY AVCD-55132 ¥1,000(税込)

LinQ ver.③

LinQ

CD ONLY AVCD-55133 ¥1,000(税込)

LinQ ver.④

LinQ

CD ONLY AVCD-55134 ¥1,000(税込)


◇「妖怪ウォッチ」ver. 2形態
●「妖怪ウォッチ」ver.① CD+DVD AVCD-55129/B  ¥1,800(税込み)
●「妖怪ウォッチ」ver.② CD ONLY AVCD-55130 ¥1,000(税込み)

☆スペシャル初回特典①:「スペシャル生写真(仮)」
☆スペシャル初回特典② :S級レア妖怪が手にはいるかもしれない!?「5つ星コイン」が手に入るQRコード封入!!

ピックアップ

編集長有本

2014年10月から新編集長に。かつてBIGLOBE MUSICを担当していた経験を活かし、よりエンジョイ!でウェッサイ!!なマガジンを目指していきます。

記事(137本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック