新生活のバタバタが少し落ち着く5月。五月晴れの中、五月病に怯えながら、皐月賞を見る......ん? その使い方合ってる?
今回は「5月」にまつわる雑学を色々まとめてみました!

5月の旧暦は「皐月(さつき)」

旧暦の月名といえば1月から順番に「むつき、きさらぎ......」と暗記している人もいるかもしれません。
5月は「さつき」。「皐月」と書いて「さつき」ですが、「五月」と書いて「さつき」と読ませることもあるのでわかりやすく、覚えている方も多いのではないでしょうか。

旧暦の5月すなわち「皐月」は、新暦(現代のカレンダー)でいうと5月下旬から7月上旬頃と少しズレて、幅が広くなります。
現在では、単純に新暦の五月の別名として「皐月/さつき」を用いることもあります。

「皐月」の由来にはいくつか説がありますが、どれも「稲作」に関連しているようです。
古語で耕作を意味する「さ」に「月」で「さつき」になったという説や、早苗を植える月ということで「早苗月(さなえづき)」であったのが略され「さつき」になったという説があります。
漢字の「皐」には「神に捧げる稲」という意味があるのだそう。

花が咲き乱れる季節!5月の花

5月といえば、街中に、野山に、花が咲き乱れる季節。
「誕生花」は365日すべてに割り当てられていますが月ごとの誕生花という考え方もあるそうです。ですがこれは諸説あり、5月の誕生花といっても様々あるようでした。
代表的なものは紅バラやあやめ、すずらんなど。どれも五月に咲く花ということですね。五月を「菖蒲月」ということもあり、あやめは5月らしさを象徴する花かもしれません。

また、誕生花といわれることはあまりないようですが、ツツジの一種でそのまま「サツキ」という名の木もあります。

"五月"のつくものいろいろ

暦の上で5月ではなくても「五月◯◯」という言葉は様々聞くことがあります。

五月病って?

新社会人や、入学直後の方などのまわりでよく聞かれるのが「五月病(ごがつびょう)」
新年度が始まる4月には環境の変化が多く、その環境にうまく適応できないとうつのような症状が出てしまうのが五月病。ちょうど4月も一ヶ月を過ぎた五月頃から不調が出てしまうことから、「五月病」と呼ばれるようになりました。医学的には「適応障害」と診断されることが多いようです。
5月の初頭には大型連休もあり、それで張り詰めた糸が切れるように疲れが出てしまう、といったことも影響するそう。

ちなみに、最近は社会人の新人研修が伸び、正式な配属が決まるのが6月というケースも多くなって「五月病」より「六月病」が増えているのだとか。

真面目、完璧主義、几帳面な人は「6月病」に要注意ですよ!

新生活が始まった方、「5月を乗り越えた!」と思っても6月にも注意が必要ですよ!

五月晴れっていつ?

これも5月付近によく聞く「五月晴れ(さつきばれ)」という言葉。いつ使う、どんな晴れ方なの?と気になる方もいるのではないでしょうか。

実は、元々は旧暦の5月に「梅雨の合間の晴れ」を指す言葉でした。つまり、5月というより6月に使う言葉だったのです。しかし、その言葉通りの意味で「(新暦の)5月の晴れ」という意味で使われる、いわば誤用が広まりました。それが定着したことで、現在ではその使い方も正しいとされるようになり、辞書でもそのように記載されていることが多くなりました。
俳句の季語としては「5月の晴れとするのは誤用」という考え方もありますが、基本的には5月の晴れた空を「五月晴れ」と表現してOKです。

「皐月賞」って何?

春頃によく聞く「皐月賞」。競馬の何からしいけど、よくわからない......という方も多いはず。実は筆者もそうでした。しかも、5月になるとなんだか終わった雰囲気じゃない......?

というわけで調べてみると、「皐月賞」は競馬のレースの名前。日本中央競馬会(JRA)が行なうG1競争。千葉県船橋市の中山競馬場で、4月に施行されます。
ん? 4月?
そうなんです。実は「皐月賞」は現在、毎年4月半ばに行われているレース。元々は五月だったので1949年から「皐月賞」の名がつき、現在にいたってもその名称が残っているということです。

「何の日」か知ってる?5月の記念日

五月といえば大型連休=ゴールデンウィーク!
といっても「長いお休み」とだけ思っていて、それぞれどんな祝日かしらない人もいるかもしれませんので、おさらいしておきましょう。

  • 5月3日......憲法記念日
  • 5月4日......みどりの日
  • 5月5日......こどもの日

ここに、4月29日の「昭和の日」と、カレンダーの土曜・日曜が加わり、会社によっては合間の平日も公休とすることもあって、一年で一番長い連休が出来上がります。
土日がどこに入るかによって連休のつながりが変わるので、毎年カレンダーを見るのが楽しみだったり、がっかりしたりしますよね。

祝日以外の記念日

祝日として休みではありませんが、代表的な記念日に「メーデー(5月1日)」、「母の日(第二日曜日)」などがあります。

ここまで読んでいただければ、立派な「5月マニア」になったのではないでしょうか?
周りの5月生まれの方に、ぜひ雑学を披露してみてくださいね!

関連記事

真面目、完璧主義、几帳面な人は「6月病」に要注意ですよ!
2017年は「祝日の土曜かぶり」がこんなに多いなんて...
なぜ春の大型連休を「ゴールデンウィーク」と呼ぶの?

ピックアップ

林さやか

フリーの編集者兼ライター。「本が好き」の一心で編集者になったものの、スポーツ、文学、手芸、東洋医学など興味はとことん「広く浅く」。父親のやっていたパソコン通信から中学生でインターネットにハマった1983年生まれ。

記事(64本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事