LinQ夏祭り

夏祭り最後に登場したLinQ。デビュー曲「ハジメマシテ」からスタートしたステージは、登場を待ちわびていたファンで早くも熱気の渦に。続いて地元・福岡の魅力を歌った「フクオカ好いとぉ」を披露し、地元開催の祭りにふさわしい曲が続きました。

LinQ夏祭り

LinQ夏祭り

LinQ夏祭り

MCではリーダーの天野なつが「マリンメッセの横でのライブということで、マリンメッセをバックに踊るワクワク感と、LinQの夏祭りは私たちにとって最大のイベントなので本当に今日が楽しみで楽しみで、皆さんを心の底からわき上がらせたいと思います!初めての方も最後まで見ていってください!」と語るなど、イベントの最後を飾るライブへの気合いがメンバーからも伝わってきました。


3曲目はイントロの目覚ましの音が何より印象的な「ナツコイ」。1年前の7月にリリースしたこの曲はまさに夏の始まりを告げる曲。続いての曲も同曲のカップリングの夏ソング「シュワシュワシュワリ」。ステージからはシャボン玉が一斉に吹き出し、曲と演出で会場の雰囲気を一気に夏モードに。

LinQ夏祭り

続いて昨年9月にリリースされた「ウェッサイ!!ガッサイ!!」。福岡を日本の西の端→ウエストサイド→ウェッサイ、が由来の同曲は、そんな言葉の由来など深く考えずに我を忘れて楽しもう、といわんばかりの楽しい曲。「豚骨フル充電」と言った歌詞もあり、福岡のカルチャーも感じられます。

LinQ夏祭り


髙木悠未

夏モードから一転して、会場を一気に祭りモードにしたところで流れてきたのは、イントロからサンバのリズムという、祭り感を高めるにはもってこいの「ハレハレ☆パレード」。4月29日にリリースされた最新シングルの同曲は、5月の「博多どんたく」でも何度も披露されたほか、LinQが出演した全国各地でのイベントでも会場を祭りモードに変えてきた曲です。

LinQ夏祭り


新木さくら

この曲をより一層盛り上げようと、ファンのかけ声も進化するなど、会場はまさに出演者と参加者が一緒になって盛り上げるという祭りならではの雰囲気に包まれました。

元々、祭りというのは非日常を表す「ハレ」を代表するもの。古代から人は、日々農作業など労働にいそしむ中で、そんなつらい日常を忘れる場として「ハレ」の日というものを何より楽しみにしてきたわけです(晴れ舞台にも通じるのではと思います)。「ハレハレ☆パレード」はまさにそんな「ハレの日」のための曲となって、夏祭りを大いに盛り上げました。

最後の曲はズバリ「祭りの夜 ~君を好きになった日~」。「オイサ!」というかけ声が入ったり、間奏では祭り囃子が入ったりと、こちらもLinQを代表する祭りソング。この曲の最中に、ステージの前のスペースにメンバーが突然現れ、水鉄砲をファンに浴びせたり、祭りの夜を盛大に締めくくりました。

LinQ夏祭り

LinQ夏祭り

会場に替え玉コール(LinQではアンコールではなく、福岡のラーメン文化にちなんで替え玉コールが起きます)が響き渡る中、再びメンバーが登場。「ハレハレ☆パレード」の全国拡大盤(福岡限定流通)に収録されている「V to ROAD」を熱唱しました。

LinQ夏祭り

この曲は本日公開収録が行われたRKB毎日放送「ディスカバLinQ」のテーマ曲となっていますが、この「ディスカバLinQ」のサブタイトルが「マリンメッセへの道」。この「ROAD」は、LinQが単独ライブを目指すマリンメッセへの道、とも言えるわけです。思えば今回の夏祭りは、マリンメッセ横での開催。マリンメッセではなく「横」がつくわけで、メンバーにとっては改めてマリンメッセでのライブをより具体的にイメージできたのではないでしょうか。

LinQ夏祭り

今回のステージでもLinQのセンター・髙木悠未が「ウェッサイ!!ガッサイ!!」の間奏で「今年はマリンメッセの横やったけれど、来年はみんなと一緒にマリンメッセに出たいっちゃん!」と叫んだり、「祭りの夜」では「共にリンク!夏祭りにリンク!マリンメッセにリンク!」と叫ぶなど、目標、そして何より強い思いを言葉で発することで、改めて自分たちにマリンメッセへの道を明確に、そしてファンに約束をしようとしていた、そんな思いが伝わってきました。


替え玉最後の曲は、2年前の夏にリリースした、こちらもLinQを代表する夏祭りソング「HANABI!!」。打ち上げ花火と、自分の気持ちの高まりを重ね合わせた同曲では、ステージ手前から花火が上がり、すっかり暗くなった夏祭りの最後を派手に締めくくりました。

LinQ夏祭り


LinQ夏祭り

最後のMCで「LinQは世界で一番夏祭りが似合うんじゃないかと思って!」と髙木悠未が叫ぶと、天野なつも「LinQ夏祭りもアイドルが主催するのは簡単なことではなくて、今年はポートフェスタのみなさんや各店舗の皆さんの協力があって、そしてこんなにたくさんのファンの皆さんが今日を楽しみにしてくれたので、また今年も夏祭りができました!ありがとうございます!」と、夏祭りを支えてくれた人全員に感謝の気持ちを述べた後、「私はこの夏祭りをどんどん拡大していって、毎年絶対やりたいと思っています。皆さんもまだまだ楽しみにしていてください」と早くも来年の開催の意気込みを語りました。


ところが会場には、まだまだ満足しきれないファンによる替え玉コールが再びわき上がります。これにメンバーも応え、最後に持ってきたのはLinQ屈指の盛り上げ曲「for you」。ステージだけでなく前方のスペースにもメンバーが再び登場。沸き立つファンと今日の出演メンバー全員が一つになって、長時間にわたって行われた夏祭りは幕を閉じました。

LinQ夏祭り

夏祭りというのは、つきつめれば「思い出」ではないでしょうか。過去を振り返っても、好きな曲でみんなと踊ったことや、屋台のおみくじで当たりを引いたこと、そして何より、好きな人との思い出。

ライブだけでなくイベントでのトークや、出店での会話ややりとり...この日はメンバーもファンもひっくるめた、夏祭り参加者がたくさんの思い出を作り、そして残したことが何より夏祭り最大の意義だったのではと思います。

LinQ夏祭り


LinQ夏祭り


LinQ夏祭り

「お祭りが似合うアイドルになっていきたい」と語った天野なつ。夏、そして祭りの季節はまだ始まったばかりで、しかも9月には新曲のリリースが控えています。地元福岡の夏を盛り上げた彼女たちは、この夏、福岡の熱気を全国に伝えてくれる存在になりそうです。

※続いて今回の出店ブースをご紹介します(後日公開)

リリース情報

LinQ

メジャー7作目のニューシングル 「LinQuest~やがて伝説へ・・・」
発売日:2015年09月09日
<通常盤> ¥926+税 WPCL-12184
<初回限定版>価格:¥1,852+税 WPZL-31071/2

LinQ 4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld!! 2015年9月9日発売

<DVD>\5,800(本体)+税 WPBL-90344/5
<Blu-ray>\6,800(本体)+ 税 WPXL-90105

■イベント情報

「LinQモノマネ道場から破りサーキット」

2015年7月26日(日) 代官山UNIT
「LinQモノマネ道場から破りサーキットVOL.7」
開場12:30 開演13:00 終演14:30

その他首都圏での主なイベント

2015年8月1日(土)2日(日)
東京アイドルフェスティバル2015

■Information■
LinQ オフィシャル WEB
WARNER MUSIC JAPAN LinQ WEB

ピックアップ

編集長有本

2014年10月から新編集長に。かつてBIGLOBE MUSICを担当していた経験を活かし、よりエンジョイ!でウェッサイ!!なマガジンを目指していきます。

記事(137本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック