LinQ

九州発のアイドルグループ・LinQが、9月9日にリリースするメジャー7枚目のシングル「LinQuest~やがて伝説へ...」。この曲は一万人規模のマリンメッセ福岡でのライブという遙かなる目標に向かって突き進む彼女たちを描いているが、では実際にマリンメッセにたどり着くには何が必要なのか。それをメンバーに問う中で見えてきたこの曲への思い、そしてこれからの決意とは。
※前編のインタビューはこちら

―― 皆さんは結成5年目でのマリンメッセでのライブをファンに約束していますが、ベストホールを出発点とすると、マリンメッセまでの道のりで、今LinQはどの辺にいらっしゃると思うか、皆さん一人ずつ書いていただけますか。

LinQ

LinQ

―― ありがとうございました。皆さん共通しているのはもまだまだ遠いということですね。高木さんは川ですけれど...


高木悠未
船で行った方が近いですね(笑)。川の流れが速いときはスッと。溺れちゃうメンバーもいるかもしれませんが(笑)。

坂井朝香
私はLinQがちょっと上に上がって、安定期に来た、というのがここなんです。明治通りという安定期を走ってきて、ここで上がるという。

坂井朝香
坂井朝香


―― 角を一つ曲がればすぐ着けるという。

坂井朝香
あと一歩の壁を一気に走っていくという感じです。じゃないとあと一年でマリンメッセには行けないから。だから遠回りとかしている場合じゃないという。

山木彩乃
最後に書いた私は、みんなの思いとかがとてもわかったので、とても迷ったのですが...。私もいろいろ思うんですよ。「曲がり角かもしれないな」とか。最後だったからどこに書こうっていろいろ考えた結果、いろいろ経験して今、中くらいというか、5年目に入って頑張りどきだけれどマンネリ化している部分もあるから、真ん中に書きました。

この位置から上がるのが一番難しいじゃないですか。道も迷子になるときはだいたい真ん中くらいですし、角とかだったらまだ今どこにいるかわかりやすいですけれど。

山木彩乃
山木彩乃


―― 道を見失っている、という言い方は良くないですが、でもそのような感じなのでしょうね。一番ベストホールの近くに書いた桃咲さんはどんな思いからですか?

桃咲まゆ
実際にLinQに巻き込めている人たちがまだベストホール周辺だなって思って。例えば外のイベントとかで集客ができるかといったら、まだLinQのファンの方しか来ないじゃないですか。だから私たちはベストホールに集めることはできるけれど、それ以外ではできていないので、今はまだベストホールの近くかなって。

実際ベストホールの近くにいてもあと一年、スピードを変えることは私たち自身で全然できるので、遠いのが問題ではなくて「LinQuest」からスピードを上げて追い上げられればなって思います。距離はまだ問題じゃないなって思います。

桃咲まゆ
桃咲まゆ


吉川千愛
私のこの場所は、メンバーでレッスン前に体力作りでマリンメッセまでランニングすることがあるのですが、ここに高い歩道橋があって。その階段を上るのがけっこうきついんですよね。だからまさにそのきついところで止まっていますね。

―― まさに「LinQuest」の二番の「上り坂」なわけですね。

新木さくら
私は深い意味はなかったのですが、でも私もベストホール周辺に書いたのでももまゆ(桃咲まゆ)さんがおっしゃったこともとてもわかりましたし、まだまだマリンメッセは遠いなと。最近イベントとかで他のアイドルグループさんを見て、「あ、まだまだだな」と思って書いた場所です。

新木さくら
新木さくら


―― 天野さんは坂井さんと似たような場所ですね。

天野なつ
LinQはこの位置にここ二年くらいいるような気がします。マリンメッセに向けて走り出して、まっすぐ行っているのですが、最近私、TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)や@JAM EXPO(※いずれも8月に開催された一大アイドルフェス)に出演していて思ったのですが、TIFって150組以上のアイドルさんが出ているじゃないですか。でもTIF全体の集客でも1日にすると2万5千人くらいだったんですよね。それってかなり多いけれど私たちは(マリンメッセでのライブのためには)一組でその半分くらいを集めなきゃいけない、というのをちょっと考えたんですよね。

アイドル自体が今本当に大変なんだろうなという時期にもさしかかっているし、LinQ自体も先日の@JAM EXPOでも、自分たちが「できた!」というライブができても集客で苦しむことが多いんです。せっかく横浜アリーナでできるのだからもっと埋めたかった、もっと人が入ってほしかったな、とか、そういう思いでもがいているので。@JAM EXPOのストロベリーステージはメドレーとかフォーメーションとかけっこう大変で、それに一杯一杯になった面も見えたんじゃないかなという話もメンバーとして。

―― この位置までは一気に来られたけれどそこから上っていくところでもがいているという感じなんですね。

天野なつ
でも芸能界って、売れる人っていきなりじゃないですか。何かをきっかけにブレイクして。まさかのことが取り上げられたりして一気に売れたり、と思いがけないことがたくさんあると思うので、そういうことで曲がり角を一気に全速力で曲がれるときがあるなと思うので。今はこの曲がり角で待機しています。

※続いては、地元のスポーツイベントへの出演を通して気づいたこと、とは



ライブ情報

『Q月Q日はLinQの日!!「LinQuest~やがて伝説へ・・・」発売記念LIVE!声合わせ合唱!』
【会場】 原宿Quest Hall   
【月日】 2015年9月9日(水)
【時間】 18:30 OPEN / 19:00 START
【参加メンバー】  
天野なつ、杉本ゆさ、大庭彩歌、一ノ瀬みく、桃咲まゆ、山木彩乃、姫崎愛未、高木悠未、桜愛美、坂井朝香、伊藤麻希、福山果奈、志良ふう子
【チケット】 前売¥1,999 当日\2,500 全席自由

☆LIVE終了後、CD販売・特典会あり

リリースイベント情報
LinQ メジャー7thシングル「LinQuest~やがて伝説へ・・・」リリース記念イベント

※首都圏開催分

2015年9月8日(火)17:00開場/18:30開演 クラブチッタ川崎

2015年9月10日(木)18:30開場/19:00開演 AKIBAカルチャーズ劇場

2015年9月11日(金) 18:00集合/18:30開演 タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」

2015年9月12日(土)1部 11:30 2部 14:00 3部 16:30スタート ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場

2015年9月13日(日)1部 11:00 2部 13:30 3部 16:00スタート 東武百貨店池袋店8F屋上スカイデッキ広場

リリース情報

LinQメジャー7thシングル
「LinQuest~やがて伝説へ・・・」

発売日:2015年9月9日 
ワーナーミュージック・ジャパン

<初回限定版>価格:\1,852+税 WPZL-31071/2
【CD】
M-1 LinQuest ~やがて伝説へ・・・
M-2 Jump Jump Jump!
M-3 LinQuest ~やがて伝説へ・・・ -instrumental-
M-4 Jump Jump Jump! -instrumental-

【DVD】
LinQ Lady Super Live Tour 2014
M-1 LinQ Theme (CLUB NIGHT REMIX)
M-2 Going my way!(SHiNTA PLANET REMIX)
M-3 笑顔にLinQ (SHiNTA RAINYDAY PLANET REMIX)
M-4 手をつないで (SHiNTA PLANET REMIX)
M-5 マケナイガールズ(SHiNTA PLANET LADY REMIX)
M-6 Let's feel together (SHiNTA PLANET REMIX)
M-7 Bye-bye baby love (SHiNTA PLANET REMIX)
M-8 My Letter (SHiNTA PLANET REMIX)

<通常盤>価格:\926+税 WPCL-12184
M-1 LinQuest ~やがて伝説へ・・・
M-2 アイ、スクリーミン。
M-3 LinQuest ~やがて伝説へ・・・ -instrumental-
M-4 アイ、スクリーミン。 -instrumental-


LIVE DVD & Blu-ray
「LinQ 4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld!!」

発売日:2015年9月9日
ワーナーミュージック・ジャパン
<DVD>価格:\5,800(本体)+税 WPBL-90344/5
<Blu-ray>価格:\6,800(本体)+ 税 WPXL-90105


「LinQ 4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld!!」ダイジェストムービー

ハレハレ☆パレード(4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld !!)

BATON(4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld !!)

ダイジェスト(4th Anniversary ~ Welcome to the LinQworld !!)


■Information■

LinQ OFFICIAL WEB
http://loveinq.com/

ピックアップ

編集長有本

2014年10月から新編集長に。かつてBIGLOBE MUSICを担当していた経験を活かし、よりエンジョイ!でウェッサイ!!なマガジンを目指していきます。

記事(137本)を見る

  • PC右カラム300×100
  • Twitterでつぶやかれている記事

    • Twitterで最新&注目記事をチェック
    • Facebookで最新&注目記事をチェック
    • Google+で最新&注目記事をチェック
    • メルマガで最新&注目記事をチェック

    おすすめサイトの新着記事